カステルヌオーヴォ・デッラバテ(Castelnuovo dell’Abate)

2019年GWの旅行七日目、五番目の目的地はCastelnuovo dell’Abate。サン・クイリコ・ドルチア(San Quirico d’Orcia)から西に約23km、車で約28分の道のりです。

ここでの目的はサンタンティモ修道院(Abbazia di Sant’Antimo)。超有名で、大勢の観光客が押し寄せる場所です。

撮りたい写真があったので、撮影できる場所を事前にグーグルマップで確認して挑みました。

撮りたかった写真

絵に描いたような、美しい佇まい。ため息がでます。

私が車を停めて撮影していると、後から来た人たちも次々と車を停めて撮影していました。きれいですもんねえ。

車は道の上にある駐車場にとめ、パーキング・チケットを買って車内に提示しました。

後陣も美しい
ファサード
西扉口

向かって左の柱頭のライオン。曲線が魅力的。

ファサード
西扉口
西扉口のまぐさ
見張り番その1
見張り番その2
ウサギ

入り口の掲示

教会の中に入ります。

マトロネウムと高窓があり、三層になっています。

マトロネウム(Matroneum)は建物内部の中2階に作られた空間で、もともとは女性用に作られた場所でした。

北側廊
南側廊

西扉口から数えて二番目の柱に、有名なカベスタニーの柱頭があります。

大また開きのダニエル

獅子の穴の中のダニエル(旧約聖書のダニエル書6章)はおなじみの題材ですが、こちらのは獅子が多めで強そう。いや、本来、獅子は強そうで当たり前なんですがね、ロマネスク彫刻では時々かわいらしい獅子がいるもんですから。

後陣を背にしてファサードを向く

西扉口を入って左にみやげ物売り場があります。

その店番によると特定の場所にはガイドツアーでのみ、入ることができます。次のツアーは約二時間後ときいて、私はあきらめました。

代わりに本を買いました。こちら。

この本によると、数多くの遺物が見つかっていることから、この場所には帝政ローマのヴィッラ(villa)があったようです。そこに小礼拝堂(oratory)が造られました。そして導水路によって豊かな水の恩恵が受けられたこの場所に、8世紀末頃、修道院が開設されました。

修道院の創設にシャルルマーニュ(カール大帝)が関与したという伝承があります。

伝承によると、781年、ローマから帰る途中で臣下や兵士が疫病にかかったため、スタルチア渓谷で祈りをささげました。すると天使が現れて「近くの丘に登り、空中に矢を射なさい。矢の落ちた場所の草を焼き、粉にしたものをワインに入れ、病人に与えなさい。」と言ったのです。疫病は、この奇跡のハーブ(チャボアザミ)のおかげで治まりました。

ローマで聖アンティムス(イタリア語:Sant’Antimo)と聖セバスティアヌスの聖遺物を得ていたシャルルマーニュが、この修道院の建設を助けたと伝わっています。

そういえば、今、修道院の薬局では伝統製法に基づくハーブ関連製品を販売しています。食べ物やボディケア商品はもちろんのこと、チャボアザミのエッセンスを使った「サンタンティモ・ビール」が絶賛販売中です。

シャルルマーニュ気分が味わえるかもしれません。

12世紀初め、新しい修道院教会が建設されました。新しい修道院教会を含め、ベネディクト会の形式を踏襲して造られた修道院の、当時のフロアプランが本に載っていました。

本に載っていたフロアプラン 。黒い線が今も残る部分、灰色の線は今は無い部分。

12世紀に建てられた新しい教会は、イタリアにとどまらず、他の欧州地域のロマネスク様式の特徴を持っています。

周歩廊と放射状祭室を持つプランは、フランスでよく見る特徴です。さらに欧州各地に作品を残したカベスタニーの「獅子の穴のダニエル」の彫刻があることも象徴的です。その一方で、鐘楼などはロンバルディアの建築様式の特徴を持っています。

12世紀初めに新しい教会が建設されましたが、それ以前の修道院教会も現存しています。場所は上のフロアプランでいうと「a.」の部分。カロリング礼拝堂(Cappella carolingia)と呼ばれています。ここにはガイドツアーでしか行けないんです。約二時間後と言われて私はあきらめ、本に掲載されていた写真を見て心を慰めました。

さて、教会の見学に話を戻します。

南側廊。

カロリング礼拝堂(Cappella carolingia)に通じる扉だと思うんですが、見た瞬間、とろけました。

南側廊の扉

この、ぐるぐるの中にいる鳥たち、どれだけ愛らしいことか。

あやうく、頬ずりしそうでした。

この扉の側の近く、12世紀の新しい教会の内陣の下に、地下聖堂があります。最初の小礼拝堂(oratory)だったかも知れない場所です。

地下聖堂への階段

地下聖堂はこうなってます。

内陣下の地下聖堂

この階段の近くに周歩廊があります。

イタリアで周歩廊って、特にこれだけの規模でしっかり放射状祭室付きともなると、数少ないと思います。

周歩廊からファサードを向く

こちらの教会は、中だけでなく外にもお楽しみがあります。

後陣と北壁

まずは、東側。

東側
カロリング礼拝堂(Cappella carolingia)の後陣。

石積みがすばらしい。

12世紀に造られた新しい教会の装飾も楽しいです。

怪しい生き物や植物
細かい彫刻もあります
ウシ

教会の外のお楽しみは、尽きません。

鐘楼を見ると、いろんなのが居ます。

なぜあんな場所に?
聖母子(拡大)
一体、なんだ?
拡大

次に、北側。

鐘楼と北壁

北扉口。再利用品の寄せ集めみたいな感じですが、モトが良いから、仕上がり上々。

北扉口
北扉口
北扉口(詳細)

最後に、南側。

ファサード(西側)を通り越し、南側へ。

昔は回廊だった所
南扉口
南扉口
南扉口(詳細)
南扉口(詳細)
南扉口(詳細)
チャプター・ハウス(修道士の会合場所)だった場所から教会の南壁を見る

サンタンティモ修道院(Abbazia di Sant’Antimo)。トスカーナ・ロマネスクの至宝です。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です