シャルモワ(Charmoy)

2018年9月の旅行五日目の最後、六番目の目的地はCharmoy。レジー(Laizy)から南に約27km、車で約30分の道のりです。

ここでの目的はサン=マルタン教会(Eglise Saint-Martin)。

事前に私の訪問予定日に教会が開いているか、鍵を借りる必要があるかを役場に問い合わせると、こんな返信がありました。

Bonjour,
L’église est ouverte tous les jours, vous pouvez donc la visiter quand vous le souhaitez.
Cordialement.
Mairie de Charmoy

こんにちは、
教会は毎日開いていますので、いつでも訪れることができます。
敬具
シャルモワ役場

教会は墓に囲まれていて、墓の周りには塀があります。

ユーチューブに画像をアップしました。

教会の隣に(停めやすい!)広い駐車場があり、

駐車場の向かいに美しいMairieがあります。
上も下もグーグルマップの画像を借りました。

教会を南の墓所から見ました。

12世紀の鐘楼らしいんですけど、かなりユニークですよね。

西にまわって、façadeへ。

教会の扉の鍵は、ちゃあんと開いていました。

中に入ると、身廊はかなりモダンで洒落てますが、奥に何やら良さそうなのが見えます。

良さそうなのがある場所まで行って、よく見ると、強烈。

動画の方が分かりやすいかも。

こういうのが、後陣のアーチを支える柱の柱頭に、ずらっと並んでるんです。

怪しいやつらが、わんさか。

お祈りポーズその2の写真はこちら。

お次はこちら。

お祈りポーズその3の写真はこちら。

お次はこちら。

お祈りポーズその4の写真はこちら。

最後にこちら。

お祈りポーズその5の写真はこちら。

似てるけど、一人ひとりに個性があります。こういう怪しいやつらは、私の大好きなタイプ。

しばらく夢中で眺め、大満足で見学終了しました。

トイレに行きたい、と思い、開いていないだろうと思いつつMairieを見ると、人影が見えた気がしました。行って見ると、素敵なマダムが一人、いらっしゃいます。ドアのガラス越しに会釈をするとドアの鍵を開けて下さいました。

挨拶もそこそこに「トイレありますか?」とお願いした私(←恥)。マダムが笑顔で招き入れてくれたので車椅子の人も楽に使えそうな広くて綺麗なトイレを拝借。トイレから出てお礼を言うと

マダム:「もしかしてメールを下さった方ですか?」

私:「そうです!お返事ありがとうございました。とても美しい教会です。」

メールを送っといて良かったかも、と感じた瞬間でした。

きれいで訪問者に優しいMairieがあるシャルモワ(Charmoy)。サン=マルタン教会(Eglise Saint-Martin)には怪しいやつらがわんさかいて、素朴さと愛らしさが最高でした。

この後、スーパーで夕飯の買い物してAirbnbに戻りました。買ったのはこういうの。

前菜は鴨のパテと豆のサラダ

主菜は牛タン。温めて皿に盛り付けるだけ。超らくちん。

この日もゆっくり湯船につかってリラックス〜

この日に訪れたのは六箇所。

五日目(木)
17. トゥルニュ(Tournus)
18. シャロン=シュル=ソーヌ(Chalon-sur-Saône)
19. ラ・ロシュポ(La Rochepot)
20. オータン(Autun)
21. レジー(Laizy)
22. シャルモワ(Charmoy)

グーグルマップを編集して訪問番号を加えました。

良いところばっかりでした。ロマネスク巡り、ばんざい。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です