バルセロナ(Barcelona)〜おまけ〜

2019年9月の旅行最後の場所はBarcelona。コーイ・デ・ナルゴー(Coll de Nargó)から南に約170km、車で約2時間の道のりです。

バルセロナでは一泊して翌朝の飛行機で帰宅するだけ。ロマネスク訪問はしませんでしたが、おまけ話としてできごとを二つお伝えします。

<おまけ話その1>

バルセロナへ向かっていたとき、スピード違反で検挙されちゃいました。

幹線道路を走行中にバルセロナに入った辺りで速度を自動検知する検測機が作動したんです。

取り締まりの通知は帰国してしばらく経ってからのこと。

まず、2019年12月4日にレンタカー会社から eメールが来ました。

レンタカー会社に対して当局が照会した内容(違反日時、車両番号と違反概要など)がPDFファイルで添付してあって、

メールに添付されていた、当局からの道路違反の照会内容

eメールの文面にはおおよそ「レンタル契約の利用規約に従い当局の照会に対応した費用40ユーロをお客様のクレジットカードに請求予定です。交通違反に関する正式な通知は当局からお客様の住所に届きます。」ということが書いてありました。

40ユーロをレンタカー会社に支払いました😔

次に、2020年2月に当局から国際書留郵便が届きまして「時速80km制限の場所を時速90kmで走行しましたね」ってことで罰金は50ユーロとのこと。(正式には100ユーロだけど割引で50ユーロと書いてありました)。

50ユーロを当局にオンラインでさくっと支払い、スペインのインフラ整備の資金になってくれたら良いなと前を向くことにしました。

次回のレンタカーはぜったい無事故無違反で返却するぞ😤と心に決めながら。

<おまけ話その2>

夕食はバルセロナに住む姉家族と一緒に美味しく楽しく過ごしました。

ちなみに行った店はこちら。海鮮料理の店です。
Restaurante La Freiduría de Pauli
Carrer del Bisbe Sivilla, 46, 08022 Barcelona
Tel. +34932111494

夫が撮った写真。居心地の良い店で、どの料理も素晴らしかった!

何日もロマネスクを求めて内陸を巡るうち美味しい海鮮料理と縁遠くなってましたから、姉から「店を予約するけど、なに食べたい?」と尋ねられた私は迷わず「できればシーフード食べたい」と答えたようなわけで。

こんな店が良いなとイメージしていたぜんぶの条件を兼ね備えた店でした。

おすすめは、いろいろありますが、、、

この日のおすすめが店頭に掲示してありました。

特に気に入ったのは「Berberechos a la plancha」っていうアサリに似た貝を蒸し焼きにした一皿。なめらかな食感の新鮮な貝が熱々で風味たっぷりでとても美味しいんです。

それから、店頭に掲示してあったリストには無いメニューですが、鉄板の人気メニューの「Pimientos de padrón fritos」っていうシシトウに似た野菜を素揚げにした一皿。

夫が撮った写真。Pimientos de padrón fritos、ピーマン嫌いも夢中になる素朴な美味しさです。

次々と運ばれてくる美味しい海鮮や野菜を香り豊かな大量のワインで流しこみながら、姉、義兄、甥たちや姪たちと話しこんだり大笑いしたり、良い時間を過ごしました。

にぎやかに食事を終えると姉家族と別れ、ホテルに戻って夫と二次会。

夫が撮った写真。ホテルの名前が emilia なのは偶然です。

そして翌朝の飛行機で帰国。

2019年9月の旅では、カタルーニャ自治州の西側を中心に約50箇所に行くことができました。

グーグルマップの画像を編集しました。赤い線の範囲がカタルーニャ州(スペイン)。

素晴らしい日々でした。

“バルセロナ(Barcelona)〜おまけ〜” への2件の返信

  1. こんばんわ!
    時々寄らせていただいています。
    バルセロナのご旅行でお姉さま達と会えて
    楽しい時を過ごされて良かったですね。
    ただ罰金はアンラッキーでしたが、
    事故がなくて何よりでした。
    旅のハプニングも楽しみですね。
    ありがとうございます!

    1. コメントありがとうございます!
      はい。交通違反はいけませんが事故がなかったのが幸いでした。
      犬も歩けば棒にあたると言いますが全部ふくめて旅は楽しいです。
      次回からイタリアの旅について書きます。
      これまたハプニングいっぱいでした。
      またぜひお寄りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です