ゴサック(Gausac)

2019年9月の旅行七日目、二番目の目的地はGausac。ボソスト(Bossòst)から南東に約16km、車で約17分の道のりです。

ボソスト(Bossòst)からは、ガローナ川(フランス語ではガロンヌ川)に沿うように続く230号線を南下し、いったん大きな町ビエジャ(Vielha)に入ったあと、そこから細い道(Carretera Gausac)を北上します。

ここでの目的は、Sant Martin de Tours de Gausac。

ゴサック(Gausac)では、うっかり広場まで登って行ってしまい、やっぱりさっき見た教会だわ、と来た道を戻りました。

見えているのは、教会の北側。大きい駐車場があります。

駐車場に車を停め、

教会の東側には墓地

通常はファサードがある教会の西側には、扉口はなく、壁があるのみ。

教会の北側と西側

南側にまわります。

教会の南側。

どうやら南扉口が主扉口。

フロアプラン付き案内板があります。

フロアプラン付き案内板

アラン谷の案内板は、地域のロゴ入りで、お洒落な透明。

案内板によると、教会は14世紀から15世紀のゴシック様式、鐘楼は15世紀から16世紀のゴシック様式。イエスの磔刑像は13世紀、洗礼盤は12世紀から13世紀のロマネスク様式で、さらに聖水盤もロマネスク様式です。

建物が14世紀の建築なのに、12世紀の遺物があるのは、この場所には以前にロマネスク様式で建てられた教会があったから、とのこと。(Foment Torisme Val d’Aran のウェブサイトより)

フロアプランを拡大。

教会内部に置いてある洗礼盤と聖水盤が見たかったのですが。

南扉口

扉はがっちり閉まっていました。

仕方がないので、ナルテックスを堪能します。

先の尖ったアーチを持つゴシック様式のナルテックス。

ナルテックス

まず、外側の中央から。

大事な場所には生首を置くって言う取り決めでもあったんでしょうか。人面がいたるところにあります。

中央部分を、拡大

外側の両端は、顔じゃないようです。でも、何だろう?これ?

ナルテックス
ナルテックス

ナルテックスの中を見ます。

ナルテックス

四隅には、人面があります。

ナルテックス内の人面

聖職者でしょうか。髪型がトンスラのようです。

ナルテックス内の人面

こちらは、昭和初期のおかっぱ頭のよう。

ナルテックス内の人面

目が、キュビズム。

ナルテックス内の人面

このキュビズム人面のそばに、13世紀のイエス磔刑像があります。

13世紀の磔刑像

14世紀の建物に13世紀の磔刑像。

以前のロマネスク様式の建物ではタンパンを飾っていたものだそう。(Foment Torisme Val d’Aran のウェブサイトより)

角度を変えて。

13世紀の磔刑像)薄い、簡素なつくり

上半身を拡大

13世紀の磔刑像)ひげがあるんです

下半身を拡大

13世紀の磔刑像

重ねられた足も、なんとも、味わい深い。

Sant Martin de Tours de Gausac、内部にはロマネスク様式の洗礼盤、聖水盤があるそうです。外から見られるのは、磔刑像。簡素であるにもかかわらず、たいへん味わい深いものです。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です