サン=マルタン(Saint-Martin)

2018年9月の旅行十二日目の最後、五番目の目的地はSaint-Martin。スミュール=アン=ブリオネ(Semur-en-Brionnais)から西に約2km、車でわずか約3分の道のりです。

ここでの目的はサン=マルタン礼拝堂(Chapelle Saint-Martin)。

細い道を登ると、のどかな風景にとけこむ小さな礼拝堂がみえてきます。

車は手前に路上駐車しました。

歩いて進みます。

道の右側は、どうやら個人宅。花が美しく手入れしてあります。

façade

西扉口が開いていることを確認して、ひと安心。

まず、周囲を見学します。

北側

窓の開口部が、すごく小さいです。いかにもロマネスク建築。

東側、後陣と鐘楼
鐘楼の上部
鐘楼の上部、持ち送り
鐘楼の上部、持ち送り
後陣
東側

ごつごつしてますよね、石がむきだし。

持ち送りはシンプルなものから面白いものまで。

南側が急斜面になっているので、転びそうになりながらも、踏ん張ってのぼってみました。持ち送りを目線の高さで写真におさめられて、うれしい。

シンプルな持ち送り
面白い持ち送り

面白い持ち送りを角度を変えてみます。

面白い持ち送り 、別角度
面白い持ち送り 、拡大
面白い持ち送り 、拡大

この、顔の持ち送り、インパクトおっきい。

ここから、遠くにスミュール=アン=ブリオネ(Semur-en-Brionnais)のサン=ティレール参事会教会(Collégiale Saint-Hilaire)が見えました。

動画をユーチューブにアップしました。

南側

教会の中に入ります。

動画をユーチューブにアップしました。

ぼろぼろだけど、小さくて素朴で、私の好きなタイプです。厚い壁と小さい窓が11世紀の造りという感じ。

こんな掲示がありました。

「これらの15世紀の壁画はボランティアのおかげで1999年に発見され保存活動が行われましたが、大変もろいので触らないでください」

というような内容でしょうか。

壁には、あちこちにゴシック様式のフレスコ画。ロマネスク様式もあったのかも知れないですが、色がはっきり残っているのは、どれもゴシックっぽい。

北壁
南壁

リーフレットが置いてありました。リーフレットによると、サン=マルタン礼拝堂(Chapelle Saint-Martin)は11世紀末に建設されました。13世紀にスミュール=アン=ブリオネ(Semur-en-Brionnais)に修道士による参事会ができるまでは教区教会でしたが、その後は礼拝堂になりました。

案内掲示もありました。

フロアプランを拡大。

教会の中をじっくり、みます。

後陣を背にして西を向く
南壁。

上の写真の窓を見ると、壁が厚いこと、厚い壁に朝顔状に開けた窓(朝顔口、embrasure)であることがわかります。

11世紀末から12世紀初め頃のロマネスク建築の特徴かな、と思うんです。モンソー=レトワール(Montceaux-l’Etoile)や、ボジ(Baugy)がそうでした。

灰色がかった水色の扉の向こうには小礼拝堂がありますが、この窓が造られた11世紀末頃には、この小礼拝堂は無くて、後から増築されたから、上の写真のような窓があるのだと思います。

後陣、荘厳のキリストと福音書記者のシンボルや聖母子、使徒たち
イエス(顔)
福音書記者のシンボル
福音書記者のシンボル
イエス(足元)
聖母子
使徒たち

漆喰が何層も重ねてあって、礼拝堂の壁には、まだまだフレスコ画が隠れていそう。

これにて本日の見学は終了です。

十二日目(木)に訪問したのは五箇所。
51. サン=モーリス=レ=シャトーヌフ(Saint-Maurice-lès-Châteauneuf)
52. シャトーヌフ(Châteauneuf)
53. ヴォバン(Vauban)
54. スミュール=アン=ブリオネ(Semur-en-Brionnais)
55. サン=マルタン(Saint-Martin)

グーグルマップを編集して訪問番号を加えました。

あっちでもこっちでも面白いのがみられて、この日も、素晴らしいロマネスク探訪でした。

翌日、十三日目(金)はロマネスク訪問は二箇所だけでその後、パリに移動します。6泊したAirbnbで鶏や牛に別れを惜しみつつ、しっぽりとブルゴーニュ最後の夜を過ごしました。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です