ボジ(Baugy)

2018年9月の旅行八日目、四番目の目的地はBaugy。モンソー=レトワール(Montceaux-l’Etoile)から南に約8km、車でわずか約8分の道のりです。

ここでの目的はサン=ポン教会(Eglise Saint-Pons)。

Baugyに着くと、教会の北にあるこちらの店に車を停めてトイレ休憩。

Au Bouchon Brionnais
Le Bourg, 71110 Baugy

コーヒーを飲みながら、インターネット(Le site sur l’Art Roman en Bourgogne)のEglise Saint-Pons のページのプリントアウトを見ていると、お店のご主人らしい人が、ニコニコしながら話しかけてくれました。

苦手なフランス語ですが「教会を見に来たのですか?」と聞いている気がしたので「ロマネスク教会が好きなので、教会を見に来ました」と伝えると、店の奥にある出入り口を指差して「こっちにも良いのがある」と言っている気がしました。

ついて行ってみると、これだそうで

窓が綺麗だそうで

村一番の古い建物だそう。いつ頃のものですか?と尋ねると、奥様らしい人に確認してましたが、奥様も分からず。ご主人の笑顔が素敵だし何だかうれしいから、細かいことは、ま、いっか!

会計を済ませ、お礼を言って店を出て、教会へ。

教会の南東側です。

自転車に乗ってる人がいっぱいいました。

教会の南西側。すごい、全部、きれいな黄色と赤の石灰石です。身廊の窓が小さい!

façadeです。

北側です。

中に入って、びっくり、たまげました。

ちょー、カラフル。

良いものを見つけました。

フロアプランを拡大。

すごい、これってきっと、ロマネスク建築がほぼそのまま!

いつ頃に建てられたのかを知りたくてリーフレットを見たんですが、困ったことに、英語版には11世紀の半ば、フランス語版には12世紀の初めと書かれています。

なんか、いつ頃のものかが分からないって、ついさっきも話したような気がします😅

でも、ロマネスク建築の構造が素敵なまま残ってて何だかうれしいから、ま、いっか!

身廊の北壁

ロマネスク様式の窓(朝顔口、embrasure)も、ロマネスク様式の柱頭彫刻も、カラフル〜

身廊の南壁

なんと

だんだん

目が慣れてきちゃいました

目が慣れてきたところで、柱頭彫刻を拡大。

そうは言っても、どぎつい

ちょっと、コワモテ。

なんで目を赤く塗っちゃう?こわいよ?

あ、なんか、落ち着いて見られます。

こんなのや

こんなの

これも、

これも、良い感じです。

そっか、あんまり彫刻部分に色が無くて、あっても金色だけ、とかだとイケます。

豊かな色彩を楽しんだところで、さて、もう一度、façadeへ。

このシンプルさ。素晴らしい。

サン=ポン教会(Eglise Saint-Pons)、最も古い時代のロマネスク様式が残る教会です。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です