ヴェズレー(Vézelay)<2>

Vézelay、続きです。夕食後、のんびり歩いてホテルに帰ると、大聖堂が美しく照らし出されていました。

泊まったホテルは、右の手前に写っている建物。次の日の予定もみっちり詰め込んであったので、早めに寝ました。

zzz

翌朝、旅行三日目は、夜明け頃に目覚めました。

この時期の夜明けは朝7時。まだ街灯がともっています。

ホテルの向いにある建物(上の写真で左の建物)から灰色の僧服に身を包んだ修道女が出てきて、ゆっくりと、でもしっかりした足取りで大聖堂に入って行きました。

ホテルの部屋から見た夜明けの大聖堂。これまた違う表情です。

私は出発しようと荷物をまとめていて、初めて気づきました。泊まっていたホテルの部屋の壁に、こんな写真パネルがあったの。

身廊の床の中央部分が祭壇に向かって点々と光っているんです。これ、もしかして、夏至の日の正午の大聖堂を撮った写真じゃないかなあ?何かで読んだ気がしたんです。

Vézelay の採光用の高窓は、太陽が天空で一番高い位置に来る夏至の正午、採りこんだ光を身廊の真ん中に正確に刻んで、祭壇を魅力的にするって。

帰国後に確認したら、Zodiaque に書いてありました。

いつか、夏至の日の正午に来てみたい。

出発の準備が完了し、最後にもう一度、朝の大聖堂を見学しました。8時頃です。

聖堂に入って正面を見ると、クワイヤに溢れる光があまりにも眩しくて、神々しかった。

同じ場所が午後だとこんな感じ。

午後も勿論とても美しいんですが、早朝の白い光が強く輝く様子は、神の場所かと。

Vézelay は、光の教会だと感じました。

いつか、また、来ます。

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です