トゥレ(Thuret)

2022年8月6日(土)、最初に訪れたのは Thuret 。Église Saint-Martin、またの名をÉglise Saint-Limin です。

ここは、タンパンや柱頭に、面白い彫刻がいっぱいです。

Thuret へ

私は宿から南に35分ほど車を運転し、大きな村につきました。10:45頃のことです。

Église Saint-Martin(西側外観)

さっそく教会の中に入ります。

Église Saint-Martin の概要と、関連する写真

教会の中にリーフレットがありました。一部を抜粋して太字で和訳しつつ、私が撮った写真を載せます。

この地には先史時代から人が居住しており、ガロ・ロマン時代には居住地として確立されていた。959年にはテュドリアックの名で文献に登場する。その後「トゥリアクム」(「トゥリアスの家」の意)と呼ばれるようになった。

1311年、この教会にクレルモンフェランのサンタリール修道院からサン・ジュネスの遺骨が運び込まれ、サン・ジュネスの庇護下に置かれた。その後、サン・リマンの庇護を受けることになり、サン・マルタンと呼ばれるようになったのは、18世紀になってからである。 

建物は、12世紀の1150年から1170年頃に、急速な建築が行われた。 近くのシャプテュザから採れる白い石灰岩と、鐘楼の黒っぽいヴォルヴィック石が好対照をなす。 

Église Saint-Martin(南側外観)


15世紀には身廊が高くなり、西側のファサードもそれに応じて高く改築された。厳かな雰囲気の扉口は、一枚岩のまぐさと丸いアーチで飾られている。 

Église Saint-Martin(西側外観、西扉口)

右側の鳥が描かれた柱頭は19世紀の改修によるものだが、他の3点は教会建設当初のものである。 そのうちのひとつは、人間が教会を支えることを象徴するアトラスが描かれており、もうひとつはブドウ畑の中の人物が描かれている。

Église Saint-Martin(西側外観、西扉口)

〜おまけ〜
ところで、アトラスの柱頭を別角度からみると、魅力的な表情の人がいるんです。右下の人、なんとも言えない表情で、好きです。

Église Saint-Martin(西側外観、西扉口)

脱線しましたが、話をリーフレットに戻します。

東側には、半円形の後陣を2つの小後陣が取り囲み、八角形の鐘楼が全体を見渡すようにそびえている。 ヴォルヴィック石の存在が物語るように、鐘楼は幾度も改築され、現在の姿となった。革命後に一段と高くなったものである。

Église Saint-Martin(東側外観)

支える柱の上部にある柱頭は19世紀のものだが、ロマネスク期の象徴的なテーマが取り入れられている。 例えば、グリフィンが聖杯を飲む姿は、キリスト教化の象徴と解釈されている。

Église Saint-Martin(東側外観、支える柱の上部にある柱頭)

南側の扉口のタンパンは、間違いなくこの建物を象徴する最高傑作である。マンドルラの中には、威厳に満ちたキリストがいる。右手で祝福し、左手にはギリシャのアルファベットの最初と最後の文字であるアルファとオメガが刻まれた聖典を持っている。キリスト教の永遠の象徴である。キリストは、大天使ミカエルとガブリエルに囲まれている。

Église Saint-Martin(南側外観、南扉口)

外観が示すように、教会の建築はロマネスク様式である。 しかし、内観において身廊は(側廊とは対照的に)、ゴシック美術に特徴的なリブ・ヴォールトで構成されている。 これは、15世紀に行われた改築によるものである。 

Église Saint-Martin(内観、身廊と南側廊の間にて東を向く)

教会の身廊には、多くの柱頭に彫刻が施されている。そのうちのいくつかは、19世紀の改修に伴うものである。また、柱頭の色彩もこの時期のものである。

Église Saint-Martin(内観、身廊にて東を向く)

ロマネスク様式の柱頭は、南扉口のタンパンの様式と同じであるため、容易に見分けることができる。 題材はよくあるものだが(つながれた猿、聖杯から飲むグリフォン、羊を運ぶ者、鷲など)、他の教会とは異なる形で表されている。

つながれた猿

Église Saint-Martin(身廊の柱頭、つながれた猿)

〜おまけ〜
つながれた猿の後ろ姿がこちら。尻尾は、ありません。

Église Saint-Martin(身廊の柱頭、つながれた猿)

再び脱線しましたが、話をリーフレットに戻します。

聖杯から飲むグリフォン

Église Saint-Martin(身廊の柱頭、聖杯から飲むグリフォン)

羊を運ぶ者

Église Saint-Martin(身廊の柱頭、羊を運ぶ者)

Église Saint-Martin(身廊の柱頭、鷲)

特に原罪の柱頭では、エバが蛇に手を伸ばし、

Église Saint-Martin(身廊の柱頭、原罪)

アダムは自分の喉に手を当てていることに注目したい。

Église Saint-Martin(身廊の柱頭、原罪、別角度)

フロアプラン

教会の中のリーフレットにフロアプランがありました。北が上です。

教会の中のリーフレットのフロアプラン

側廊に挟まれた身廊、交差部、後陣と2つの小さい後陣を持つクワイヤからなるバジリカ式プランです。

Église Saint-Martin の内観:気になったもの

リーフレットには特に書かれていないけれど、個人的に気になったものについて書きます。

<交差部にある鳥の柱頭>

交差部に動物の柱頭があります。

Église Saint-Martin(内観、交差部にて西を向く)

この鳥がクチバシにくわえてるグルグル巻いているものは、蛇かなと思います。

Église Saint-Martin(交差部の柱頭)

蛇(悪魔?)に対する鳥(キリスト?)の勝利を示しているのかもしれません。

<南側廊にある人々の柱頭>

何を示しているのか、私にはわからないんですが、、、

Église Saint-Martin(南側廊の柱頭)

女性が、男性に手首を掴まれているようです。

Église Saint-Martin(南側廊の柱頭)

女性の隣には大きな顔があり、その口から蛇みたいな長いものが出ています。

Église Saint-Martin(南側廊の柱頭)

なんでしょうねえ?

Église Saint-Martin。南扉口、西扉口と内部の柱頭に、とても魅力的なロマネスク彫刻が残ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です