ビオレ(Biollet)<1>

2022年7月30日(土)の記録として次にご紹介するのは、Biollet。Église Saint-Pierreです。

モンフェルミー(Montfermy)は教会内に入れず

実は、前回にご紹介したヴォルヴィック(Volvic)のあと、西へと車で30分ほど進み、モンフェルミー(Montfermy)にある Église Saint Léger に行きました。

でも、残念ながら閉まっていたんです。モンフェルミー(Montfermy)については、開いていることを確認した上で8月11日に再訪し、教会の中を見学しましたから、8月11日の旅の記録としてまとめて書きます。

ビオレ(Biollet)の魅惑の教会へ

私はモンフェルミー(Montfermy)から北西に30分ほど進み、たいへん愛らしい村につきました。

村の中心にあるのが、Église Saint-Pierre です。

Église Saint-Pierre(南側外観)

教会の外観は、丁寧に修復されています。

Église Saint-Pierre(東側外観)

赤い荷車が飾られていたり、植栽が手入れされていたり、教会は大切にされていそうです。

Église Saint-Pierre(北側外観)

ファサードも素朴なつくり。

Église Saint-Pierre(西側外観)

こちらの教会は、事前に役場に連絡して、開いていることを確認してありました。

フロアプラン

現地には、教会の歴史や建築を案内するものはありませんでした。ゾディアック(Zodiaque)la nuit des temps の『Auvergne Romane』によるフロアプランを載せます。東が上です。

ゾディアック(Zodiaque)la nuit des temps のAuvergne Romaneより

教会に入ります。

教会内は奇妙な彫刻がいっぱい

教会の中を歩く様子をYouTubeにアップしました。

なんだろう?この奇妙な彫刻たち?

ぐにゃぐにゃとした曲線が形づくる人や動物、たくさんの人面。

Église Saint-Pierre(内観、東を向く)

奇妙な彫刻は、身廊と側廊とを分ける6つの柱に集中しています。

Église Saint-Pierre(内観、西を向く)

身廊の天井に近い、高い位置にあるものは、他のロマネスク教会でもみかけるような図柄です。

Église Saint-Pierre(内観、南を向く)

シャープな植物模様なので、これらは、奇妙な彫刻たちとは作り手が違うかもしれないと感じます。

Église Saint-Pierre(内観、高い位置の植物模様の柱頭)

低い位置にある、奇妙な彫刻たちの中にも植物模様がありますが、ぐにゃりとした曲線形です。

Église Saint-Pierre(内観、低い位置の植物模様の柱頭)

次回、奇妙な彫刻たちを見ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です