ベルチェト(Berceto)<2>

Berceto の San Moderanno、続きです。大聖堂の外観と内観を見ます。

まずは、外観から。

位置関係や大聖堂の形が分かりやすいように、グーグルマップの航空写真の画像を載せます。

グーグルマップの航空写真の画像

大聖堂の南

大聖堂の南には、修道院時代には回廊があったそうなのですが、今はもう跡形もありません。

大聖堂の東

前回にご紹介した鮮魚店の場所です。

大聖堂の外観、東側

主後陣が四角形に改築されていますが、3後陣が確認できます。

小後陣の持ち送りには彫刻がほどこされています。ロマネスク様式をモチーフにした後代の作品かもしれません。

南小後陣

北小後陣の持ち送りはかなり損傷しています。

北小後陣

大聖堂の北

北側を見ます。

大聖堂の外観、北側

少しだけ西に移動すると、北扉口が見えて、

大聖堂の外観、西よりの北側

北扉口に、ロマネスク様式の彫刻があります。

北扉口

こちらは鍵を持つ聖ペトロ

聖ペトロ

となるとこちらはきっと聖パウロですが、なんだか女の人に見えます。

聖パウロ

ルネッタ(lunetta、半月形を意味するイタリア語で、建築では扉や窓の上の半月形の部分を指します)には「三博士の礼拝」を描いた浮き彫りがあります。

数十年前まで、1198年の日付が記された「FACTUM MCXCVIII INCARNAT」という碑文が確認できたそうです。

残念ながら浮き彫りも、碑文も、もう判別できません。

北扉口のルネッタ

大聖堂の西、そして教会の中へ

西扉口に行き、

大聖堂の外観(西扉口)と、門前の街並み

教会の中に入ります。

大聖堂の内観(身廊から東を向く)

あれ?曲がってる?

構造が分かりにくいと思うので、ゾディアック(Zodiaque)の『la nuit des temps』によるフロアプランを載せます。

ゾディアック(Zodiaque)の『la nuit des temps』によるフロアプラン

西壁と北壁が直角じゃないし、身廊の柱の列に対して主後陣の壁がまっすぐじゃないんです。面白い。

15世紀末から16世紀初めにかけての改築で、アーチが交換されています。

身廊から南側廊を向く

ロマネスクっぽさは無いけれど、全体的に違和感なく調和していて、荘厳な雰囲気です。

身廊から北側廊を向く

主祭壇に注目すると、

内陣

ロンゴバルド時代の浮き彫りが埋め込まれているんです。

十字架と2匹の孔雀と思います。

主祭壇

ロンゴバルド時代の教会の姿は、今ではほとんどうかがい知ることができません。この浮き彫りが残されていて、良かった。

次回、ファサードの彫刻を見ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です