ウンア(Unha)

2019年9月の旅行七日目、五番目の目的地はUnha。エスクニャウ(Escunhau)から東に約5km、車で約8分の道のりです。

駐車場に車を停め、歩いて目指すは Santa Eulàlia d’Unha。

レストラン(9月上旬の火曜日の13時頃でしたが、多くの店は営業してない様でした)の看板が並ぶ可愛らしい小道を進みます。

鐘楼を目指して歩くと、階段が。

教会の北側

のぼります。

教会の北側

けっこう急な階段。やっと登りました。どうやら左(東)に行くと

お!後陣だ!

門があってそこから入るべきらしい。

教会の東側

門壁に沿って並ぶワイン色の案内二つ。

門壁に沿って並ぶワイン色の案内二つのうちの一つ

1944年の侵略について書かれてて、その死者が葬られているそうです。

これらの案内板の隣に、教会についてのフロアプラン付き案内板が。

案内板によると、12世紀のロンバルディア・ロマネスク様式の教会。12世紀のロマネスク様式の壁画の他、ゴシック様式やルネサンス様式の壁画。ロマネスク様式の洗礼盤。18世紀にバロック様式で改築。

フロアプランを拡大

象徴的なものとして描かれているのは、どうやらロマネスク様式の壁画。

Santa Eulàlia d’Unhaの案内板の一部、イチオシもの。

この図、あれです。アラン谷のロマネスクのロゴに使われているこれ。

アラン谷のロマネスクのロゴ

では、門から中に入ってみます。

教会の南東側

扉口は南側にひとつだけ。

私が行ったのは9月10日(火)13時。残念、扉はガッチリ閉まってました。

ああ、壁画を見たかったなあ。

仕方ない。外側を楽しみます。

後陣の装飾はロンバルディア帯が美しい。

教会の東側、後陣

西側に行って教会の南側を見ると、墓地。

教会の南壁を見上げると、持ち送りが並んでいます。

南壁

持ち送りに注目。

南壁の持ち送り
南壁の持ち送り
南壁の持ち送り
南壁、西端の持ち送り

南壁、西端の持ち送りを別角度(西壁側)から

南壁、西端の持ち送り

周りの石の組まれ方からして、この石は構造の中で重要と感じます。そして、彫刻の両手をあげて重みを支えている様子が、たのもしい。

Santa Eulàlia d’Unha、教会の中にはロマネスク様式のフレスコ画や洗礼盤があり、教会の外には持ち送りや後陣がある、素晴らしい教会です。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です