コベット(Covet)

2019年9月の旅行四日目、三番目の目的地はCovet。トレブランカ(Torreblanca)から北に約30km、車で約30分の道のりです。

ここでの目的は、Santa Maria de Covet。

事前に問い合わせると、2019年は7月17日から9月4日までの期間だけ水曜18:30と日曜11:00に一人€4のガイドツアーがあるが、それ以外は基本的に閉まっているとのこと。ただ、グループの場合は€60でガイドツアー検討可と返信をもらいました。

私の飛行機は9月4日バルセロナ着。Covet へは9月7日(土)に行く予定でした。「夫と二人で€60払うからガイドツアーを9月7日にやってもらえないか」と頼み込みましたが、ダメでした。

教会の中を見たいのはやまやまですが、この教会で特に見たいのは教会の外側(ファサードのタンパンや柱頭、後陣の持ち送り)でしたから、閉まってても訪問決行としたのです。

さて、Covet へ。

岩山が印象的な道を進みます。

ついに舗装されてない道になり、ロマネスク教会に近づいた感じ。

見えてきました。

農地の真ん中の、ほんとうに小さな集落です。しかも定住者は少なく、夏の間だけをここで過ごす人がほとんどだそう。

教会に着きました。

教会の西側と北側

フロアプラン付きの案内板がありました。

案内板によると、教会についての文書記録は1107年。現在の建物は二番目のロマネスク様式であり、12世紀に遡るものです。修復工事が1980年頃から行われました。

ラテン十字の三後陣、三身廊。身廊のふもと(ファサード裏)にアーケード・ギャラリーがあり、端にある螺旋階段から上ることが出来ます。

主扉口はトゥールーズ派の(d’escola tolosana)彫刻が豊かで注目に値します。また、12~13世紀の聖母マリア像がバルセロナのカタルーニャ美術館に収められています。

ちなみに、その聖母マリア像の画像がこちら。カタルーニャ美術館公式サイトの収蔵品リストの画像をお借りします。

自信満々の聖母マリアの表情がすてき

カタルーニャ美術館によると、こちらの作品名は「Virgin of Covet」。13世紀末のゴシック様式の彫刻として分類されています。

Description: Medieval Gothic Art
Sculpture Últim quart del segle XIII
83 x 31 x 24 cm
Adquisició de la col·lecció Plandiura, 1932
Inventory number: 004395-000

ファサードの彫刻を見ます。

かなり、摩滅しています。

向かって右上のライオン

額の巻き毛が良い感じ

アーチ部分

アダム達の下で、天使たちが飛び回ってます

タンパンは荘厳のイエス

天使の脚の表現が独特で、素晴らしい

全体的に、かなり凝って彫ってあります。

向かって右(南側)
向かって右(南側)、別角度から拡大

反対側はこんな感じ

向かって左(北側)
向かって左(北側)、別角度から拡大

教会の南側は、こんな感じ。

北側には小さな扉口があります。

教会の北側

貼り紙には、おおよそ私が事前に教えてもらった内容が書いてありました。

最後のお楽しみ、後陣を見ましょう。

北側の小後陣と中央の後陣

南側から見ると

南側の小後陣と中央の後陣

中央の後陣に持ち送り装飾があります。

魅力的な彫刻が目白押し。ぐるっと見てみます。

端から
つづいて
さらに続いて色んなのがいて
端まで大賑わい

奇妙なのがいっぱい連なっていて、とても楽しいです。

Santa Maria de Covet、小さな小さな集落にある宝石のようなロマネスク教会。ファサードのタンパンや柱頭、後陣の持ち送りに注目です。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です