トレブランカ(Torreblanca)

2019年9月の旅行四日目、二番目の目的地はTorreblanca。アグラムント(Agramunt)から北に約25km、車で約25分の道のりです。

ここでの目的は、Santa Cecília de Torreblanca。

つまり「目的地はTorreblanca」と言いながらその町には行かず、市街地の南西にある、草原の中の極小サイズの礼拝堂に行きました。

そして途中から、どう行けば目的の礼拝堂に行けるのか道が分からず、試練の連続。よくもまあたどり着けたもんだ、とグーグルマップとスマホに感謝感激でした。

Agramunt から行くには、まずC14を北に向かい、Vilvesの辺りで東へと進路を変えます。

グーグルマップの画像を編集しました

Anyaの辺りまでは事前にストリートビューで道の様子を確認できましたが、その後はストビューなし。

細い道をドキドキしながら進むのみです。

多分この辺りで南へと右折するのかな、間違ってるかな、などと迷いながら勇気を出して曲がりました。

右折すると、こんな道

目的の教会は、向かって左の方角にあるはずですが、道の左側は2メートルくらい高くなっていて見通しがききません。草木も生い茂ってるし。

右折した場所から200メートルくらい進んだ辺りに車を停め、歩いて探すことにしました。

グーグルマップの衛星画像を編集しました

そして草木がそこまで生い茂ってない場所で、道の左側をよじ登ってみたんです。

えっちら、おっちら。

ふう、登れた。

あ、ある!!

建物が見えて大興奮しました。

ほら、あるでしょ?

上の写真の中央部分を拡大

草原の中を直進して行くのは足元が厳しすぎるので、いったん舗装されてない道に戻り、東側へと歩きました。

ああ、ここからなら、歩いて行けそうです。

走り出したい気持ちでしたが、石や草木に足をとられますから慎重に。

南からアプローチ

茂みの少なそうなところから近づきます。

南側から

入り口のある西側へ

入り口がちらっと見えてきました

けっこう、おんぼろ。

西側

鉄の扉は施錠してあり、誰かが飾ったらしい花がドライフラワーになってます。

鉄柵の間から中を覗くと

教会内部

え?そんなに苦労してたどり着いて、この教会って、これだけ?とお思いでしょう。ロマネスク彫刻とか、無いの?って。

そう。これだけなんです。

私ばかよね。こんな、何でもない教会にわざわざ来て、うれしいんですから。

役場(Ajuntament de Ponts)のウェブサイトによると、この場所からは陶器の断片など数多くの遺物が見つかっていて、かつては帝政ローマのヴィッラ(villa)があったと考えられています。

現在も残る礼拝堂の建物は恐らく11世紀に遡るもの。

教会の東側

Santa Cecília de Torreblanca。小さい小さい礼拝堂です。きっと、祈りを捧げる人たちの手で造られて、守られてきた教会。いまもポツンと草原の中にあります。

興奮が冷めないまま、車に戻りました。

教会見学の後は、次の目的地への移動の途中(西に約10km)にある町で昼食です。

町に着いたのは12時半。

レストランはどこも13時開店で、ゆったりと準備している様子からは、13時まで待って出直しても食事できるのは13時半以降になりそうな危険な香りがしました。

次の目的の教会は閉まってることが分かっていたから教会の昼休みが終わるのを待つ必要は無く、先を急ぎたい私はパン屋で食べることにしました。店の奥にイートインスペースがあります。

Pastisseria Serra
Ctra. de Ponts, 49, 25730 Artesa de Segre, Lleida
+34 973 40 01 03

店は客でいっぱい。店内に入りきれないほどでした。

ピザみたいな総菜パンが色々あって、希望の大きさで量り売りしてくれます。イタリアのピザを想像して口に運ぶと、塩がきつめに感じますが、野菜やアンチョビの味が濃くて、これはこれで美味しい。

夕食は修道院ホテルの食堂でフルコースの予定でしたし、昼食が程よくサクッと済ませられて大満足。次の目的地へと移動を開始したのでした。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です