サン・クイリコ・ドルチア(San Quirico d’Orcia)<2>

2019年GWの旅行七日目、三番目の目的地はSan Quirico d’Orciaの町。マドンナ・ディ・ヴィタレータ礼拝堂(Cappella Madonna di Vitaleta)から西に約8km、車で約16分の道のりです。

この町、城壁に囲まれた魅惑の中世の町なんですが、駐車場が割と便利な場所にあります。「Public Parking Via dei Fossi」に駐車できました。

サン・クイリコ・ドルチア(San Quirico d’Orcia)の町での目的はサンタ・マリア・アッスンタ教会(Chiesa di Santa Maria Assunta)と昼食と、サン・クイリコ・エ・ジウリッタ教会(Parrocchia San Quirico E Giulitta)。

まず、サンタ・マリア・アッスンタ教会(Chiesa di Santa Maria Assunta)に向かいました。

案内掲示によれば、この教会の建築は12世紀。二つの扉口や後陣に比べて、単身廊の内部の装飾は簡素です。

周りに建物がビッシリなので、ファサード(上の写真で言うと右側)の写真が撮りにくいんですが、こんな感じです。

角度を変えて。

ファサードと西扉口
ファサードと南壁
南壁と東壁(後陣と鐘楼)

後陣の持ち送りが素晴らしい。

動物
こちらにも動物

多様な動物が花を添えています。

後陣も窓の装飾は、ごくシンプル。

後陣中央の窓
後陣と鐘楼

一周して北側に戻ってきました。北扉口には豊かな装飾があります。

扉に掲示してある通り、残念ながら、教会内部は撮影禁止です。

単身廊の内部は扉口装飾から考えると、とても簡素で素朴な造りでした。

北扉口を良く見ます。

北扉口、西側の柱頭
北扉口、西側の柱頭(別角度)
北扉口上部

メヂカラが強いです。

北扉口、東側
北扉口、東側の柱頭

サンタ・マリア・アッスンタ教会(Chiesa di Santa Maria Assunta)、北扉口や後陣の装飾が素晴らしいです。

さて、昼食に向かいます。

サン・クイリコ・ドルチア(San Quirico d’Orcia)の町並み

魅惑の中世の町並みなんですが、ワイン屋がいっぱい。土産に買っていく観光客が多いんだと思います。気分よく歩いていると財布の紐もゆるみますからね。

サン・クイリコ・ドルチア(San Quirico d’Orcia)の町並み
サン・クイリコ・ドルチア(San Quirico d’Orcia)の町並み

行ったのは、こちらの店。

Al Vecchio Forno
Via della Piazzola, 8, 53027 San Quirico d’Orcia

予約せずに行きましたが、12時の開店を待って入店。

店内席と屋外席を選べましたが、寒がりな私は店内席。

夫と二人で分け合いながらいただいたのは、こんな感じ。

イマドキの店にあるような華やかさは無くて、一見すると少し地味ですが、味わい豊かで大満足。皆さん英語ぺらぺらで、物腰優雅なサービスでした。

サン・クイリコ・ドルチア(San Quirico d’Orcia)は、どの店もすごく良さそうですが、ここ、落ち着くし美味しいし、オススメです。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です