マッサ・マリッティマ(Massa Marittima)

2019年GWの旅行六日目、三番目の目的地はMassa Marittima。トッリ(Torri)から西に約55km、車で約60分の道のりです。

幹線道路が無くて、思っていた以上に細い道をくねくねと1時間。丘の上にMassa Marittimaの町があります。そして、着いてみるとゴミゴミした都会でも無く、飲食店はバル一つだけみたいな田舎でも無く。居心地の良い小洒落た街並みに驚きました。

駐車場から大聖堂をみる

ここでの目的はサン・チェルボネ大聖堂(Cattedrale di San Cerbone)と昼食。

昼食をいただいたのは、こちら。予約してから行きました。

この店のある横丁は石畳や花や渡廊下の佇まいが良いんです

La Tana dei Brilli
Vicolo Ciambellano, 4, 58024 Massa Marittima

ちんまりした店内で、確認できたテーブルはわずか4つ。

私が食べたのは、二皿。

ニョッキ
この日の特別メニュー
食後のエスプレッソ。エスプレッソ機の隣の小さいバケツは砂糖壺。

私が食べている間にも何組か訪ねてきて「予約で満席です」と断られていました。予約必須です。人気店だけありますね~料理の味もサービスも大満足でした。

大聖堂に向かいます。ロマネスク、っていうより後期ロマネスクとゴシックのあわせ技。

道に掲示されていた案内によると、大聖堂の建設は11世紀に始まり、14世紀に完成しました。13世紀以降の芸術作品が多くあるそうです。

ファサードの装飾が入魂もの。

柱や盲アーチ、二色のストライプはピサのロマネスク様式の特徴で、上の三本の柱はシエナの特徴です

扉口の装飾、獅子たちが、飼い主に遊んでもらいたくてウキウキしてる犬のよう。めっちゃ、うれしそう。

まぐさには13世紀初めの彫刻。サン・チェルボーネの生涯を描いてます。この聖人の事物は、なんと、アヒル。アヒルがいっぱいで、かわいすぎ。

階段と広場の舗装が合わさるところが、波打ち際のようです。

さざ波みたいな階段の上にね、マザー・テレサも来た事あるらしいですよ。ほら。

「1991年5月27日、この場所からカルカッタのマザー・テレサがマッサの人々に話した」そうです

大聖堂は北壁もストライプ模様。

北扉口に開いてる時間が掲示してあります。(2019年現在)

10月1日から5月31日までは8時~12時と15時~17時。
6月1日から9月30日までは8時~12時と15時~19時。

12時~15時は閉まるので、ご注意ください。

北扉口から中に入ります。

ファサードを背にして後陣を向く
南側廊
北側廊

北側廊に案内板がありました。フロアプラン付き。

後で知ったけど、この案内板は片面がイタリア語で、もう片面が英語で書いてあるんです。この置き方だと、英語面が見えないんだな。。。残念。

祭壇
祭壇を背にしてファサードを向く
南側廊のファサード側に置いてある洗礼盤。13世紀のもの。

サン・チェルボネ大聖堂(Cattedrale di San Cerbone)、ファサードの獅子とアヒルが愛らしい。

さて、車に戻る前にフレスコ画を見るので、寄り道です。

グーグルマップの衛星画像を私が編集しました

グーグルマップに「Fonti dell’Abbondanza」とありますが、これは「豊富の泉」という意味です。地域の観光案内ページによると、ここはマッサ・マリッティマ最古の水源で、貯水池だったんです。そして上の建物は穀物庫として使われてきました。

ここに、有名な「Albero della Fecondità」と呼ばれているフレスコ画があるんです。「繁殖力の木」という意味です。すごいネーミングだなあ。

見えて来ました

各アーチには網が張ってありますが、真ん中へんに網が開けられる一部分があって、写真を撮り易くなってます。

奇妙な果実がたわわに実ってて、収穫する女達がいます。1265~1335頃に描かれたフレスコ画で、1999年に再発見されました。今となっては描かれた目的も、封じ込められた理由も分かりません。

隣の壁面にもフレスコ画が残っていますが、判別しにくいです。フレスコ画と手前の網の間には貯水槽のあと。

現在は水はありません

隣。こちらの網にも、真ん中へんにつまんで開けられる部分があります。

きっと、これらのフレスコ画が鮮やかに描かれた中世が、この町が一番、繁栄していた時代です。その後は産業も衰えて発展から取り残されたもんだから、タイムカプセルみたいに今の姿があるのかなと思うんです。

マッサ・マリッティマ(Massa Marittima)、後期ロマネスクとゴシックの豊富な遺産に恵まれた、美しい町です。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です