ポッピ(Poppi)

2019年GWの旅行四日目、六番目の目的地はPoppi。スティア(Stia)から南に約13km、車で約20分の道のりです。

ここでの目的はサン・フェデーレ修道院と教会(Badia e Chiesa di San Fedele)。

スティア(Stia)からは、アルノ川に沿うように走る道を南下し、鉄道のポッピ駅を過ぎた辺りで西に曲がってアルノ川を越えるんです。

鐘楼を目指して進みます。

グーグルマップのストリートビューの画像を私が編集しました

ポッピは、中世の町並みが残る「イタリアの最も美しい村」の一つです。中世の町並みというのは大抵ものすごく狭い道ばかりなので、私にとっては「車で行きたくないランキング最下位」の場所。

だから道が狭くなる前に、早めに駐車スペースに車を停めて歩くつもりだったんですが。駐車スペースという駐車スペースが、車であふれかえってました。なんで???

下調べしたとき、目指す修道院の裏に駐車場があることも分かっていましたが、できれば、そこは避けたかった。っていうか、この道、行き止まりじゃないよね?

通り抜けられるのか?

こんな道、行きたくない!でも、一方通行だからユーターンできないし、バックするのも車にキズをつけそうだし、後続車が来たら譲る道幅は無いし。。。イヤだああああ!

冷や汗をかきながら進みました。すると「P →」という駐車場の表示が見えたんです!心がパアッと明るくなりました。なんとかなるもんですな。車にキズをつけることなく無事に駐車できました。

そして修道院に着くと、途中の駐車スペースが車でいっぱいだった理由がわかりました。結婚式。たいそうな人数が押し寄せていました。

修道院教会の南壁と、鐘楼の下の部分。

ちなみに(私が通った道じゃなく)中世の街並みを抜けて駐車場に行く場合は、

ここを左に曲がって
ここを右に曲がります

私は中世の街並みを回避しようとして、別の狭い道を行っちゃったらしい。ま、無事に着いたから、いっか。

教会見学は、結婚式が一段落するまで待ちました。待ってる間に、鐘楼の向こう側へ。

さっき、ここを右に進んだんです。もう心臓バクバクでしたよ、あの時は。
建物の間をくぐり抜けると、結婚式会場になっている修道院の教会があります。

結婚式が終わったようです。見学開始。

教会の南壁
façade。後ろにスペースが無いので、写真撮りにくいです。

中に入ります。

façadeを背にして後陣を向く

天井の木と、壁の石の質感がとても良い。

南壁
北壁

交差部に行ってみます。

後塵、まっしろけっけ。
南側
北側

サン・フェデーレ修道院と教会(Badia e Chiesa di San Fedele)、美しい村のロマネスク教会です。

見学終了。余裕があればグイディ伯爵の城(Castello dei Conti Guidi)も訪ねたかったのですが、そんな余裕は無く、アレッツォ(Arezzo)への帰路を急ぎました。

正面に見える建物がグイディ伯爵の城(Castello dei Conti Guidi)

アレッツォ(Arezzo)に戻ると時刻は18:50。サンタ・マリア・デッラ・ピエーヴェ教会(Santa Maria della Pieve)を見学したいと思っていましたが、ここが開いているのは19時までだし、何しろもう疲れていて、次の機会にとっておくことに。

夕食に出かけました。行ったのは、こちら。

店内

Trattoria Mazzoni
Via Canto alla Croce, 1, 52100 Arezzo
+39 0575 26857

メニュー

身も心も落ち着くように、具沢山スープにしました。

Zuppa Mazzoni

スープといっても、ここのはパン、肉、野菜がたっぷり入った煮込み料理。滋養が体にしみます。美味しかった!

良い店でした。家族で経営してるそうで、子供達の元気な声が店の奥から盛んに聞こえました。

宿に帰ってゆっくりバスタブにつかり、長かった一日を終えました。

4月27日(土) に訪れたのは6箇所。
6. ピエヴェ・ア・ソーカナ(Pieve A Socana)
7. ストラーダ(Strada)
8. モンテミニャーイオ(Montemignaio)
9. ロメーナ(Romena)
10. スティア(Stia)
11. ポッピ(Poppi)
12. アレッツォ(Arezzo)← ロマネスク見学は断念。

グーグルマップを編集して訪問番号を加えました。

この日は、訪れた教会6つのうち、2つで結婚式が行われていました。

ロマネスク教会が地元の人たちに愛されている様子を実感した一日でした。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です