キュクサ(Cuxa)<3>

サン・ミシェル・ド・キュクサ修道院、続きです。

楽しい彫刻が施された回廊を見ます。美しいピンク大理石はヴィルフランシュ・ド・コンフラン(Villefranche-de-Conflent)の扉口と共通しています。

 

ご存知の方が多いと思いますが、回廊は廃墟化し、1954年以降に再建されました。その時に取り戻してすえつけられた柱頭彫刻があります。そして一部はニューヨークの「The Cloisters Museum」にあります。

回廊の柱頭彫刻は多様な装飾が続いて、一つ一つ表情が違いますから、宝探しの気持ちで気に入りを探しました。

とりわけ印象的なのは、スカート(っぽいの)を着て両側を動物に挟まれている人の構図です。動物(多分ライオン)の前脚を持ち上げています。

ちょっと見覚えのある構図でしょ?リュー・ミネルヴォワ(Rieux-Minervois)の七角形の聖マリア教会(Eglise Heptagonale Sainte Marie)で、Roussillonの特徴があるって言われた柱頭彫刻の構図とよく似ています。

ちなみに、リュー・ミネルヴォワの柱頭彫刻が、こちら。

動物の前脚の付け根に手がありますから、こちらも人が動物の前脚を持ち上げています。そして人の胸元にある指は、動物の前脚でしょう。

面白いのが、サン・ミシェル・ド・キュクサ修道院で私が一番気に入った彫刻。下の写真です。

胸を手で押さえている、ちょうちんスカートの人です。これは、完全に自分の手で自分の胸を押さえています。変なの。

この回廊、12世紀に造られた時は当時最先端の芸術が凝らされてて、訪れる人が目を見張るものだったのかも。

扉の脇の柱の下に面白いのもいました。

回廊(の教会側)に階段で中二階のようになっている場所があります。教会内にあるのと同じ形のアーチがあって、上半分が大きくなっています。馬蹄形アーチというのでしょうか。これは西ゴートの影響と修道院では行っていました。

同じアーチがここにも。

ピンク大理石とルシヨンの柱頭彫刻をたっぷり楽しみました。

サン・ミシェル・ド・キュクサ修道院、終わります。

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

6 Replies to “キュクサ(Cuxa)<3>”

    1. こんにちは。訪問とコメントありがとうございます。
      そうなんです。建物も彫刻も素敵だったので、広~い回廊で頑張って写真を撮りました。わくわくして楽しい体験でした。
      みにー さん、ブログ拝見しました。多言語勉強中なんですね!
      私はフランス語を勉強中で聞き取りと発音に手を焼いています。くじけそうですが、何とか続けています。

  1. whoah this weblog is wonderful i love studying your posts. Stay up the great work! You know, many individuals are searching round for this info, you can aid them greatly. kdcaaadkeaed

    1. Thank you for your comments. I am flattered! For me, learning and visiting Romanesque is highly amusing and touching. Yes, I definitely will stay up my work. (^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です