コモ(Como)<1>

2023年夏🌻の旅行の始まりです。私は羽田空港🇯🇵を出発し、7月26日(水)14:15頃にマルペンサ空港🇮🇹に着きました。

最初の目的地は Como、Basilica di San Fedele です。

ここは、ロマネスク様式の東扉口が良いです。

教会は、月曜は15:30〜19:00、火曜から土曜は8:30〜12:00と15:30〜19:00、日曜祝日は8:00〜12:15と15:30〜19:00に開きます(2023年7月時点の情報です)。

Como では、三つの教会に行きました。以下のように3回に分けて書きます。
<1> Basilica di San Fedele
<2> Basilica di Sant’Abbondio
<3> Chiesa di San Carpoforo

目次

1. Como へ .
2. 概要 .
3. 平面図 .
4. 内観 .
5. 東側外観(東扉口)  . 
Airbnb ..

1. Como へ

今回のフライトもANAでヨーロッパ発の東京往復便にしました。私は7月26日14:15頃にミラノに着陸すると、空港のレンタカー会社で予約しておいたオートマ車を借りました。そしてレンタカーで移動し、予約しておいた Airbnb にチェックインしました。

夫はラグビー・ワールドカップやサッカーを観戦することが主な目的ですから、私より1か月遅れで渡欧します。夫が8月28日にミラノに来るまでの約1か月間、私は1人でロマネスク巡りをします。

翌7月27日(木)、私は Airbnb から北西に約31km、40分ほど運転して、Como に着きました。車は Chiesa di San Carpoforo 近くの路上に停め、歩いて町の中心部に移動しました。

町の中心部では、市場が開催されていました。主に衣料品が売られていて、たいそうな賑わいでした。飲食店も大盛況。私はそんな中、教会に着きました。10:30頃のことです。

西側外観

教会の周りは建物だらけ。ファサードも、北側は隣の建物と結合しています。

2. 概要

教会の外に案内板がありました。私が一部を抜粋して太字で和訳します。

Basilica di San Fedele は、元々は聖エウフェミアに捧げられた聖堂で、現在、広場の反対側の家々に組み込まれている San Giovanni in Atrio 洗礼堂によって、初期キリスト教時代の起源が確認されている。
オリジナルの構造はロマネスク様式である。三つの不規則な身廊があり、マトロネウム(建物内部の中2階に作られた空間)に覆われたアンビュラトリー(回廊)が横切っている。
Antonio Giussani による修復で、ファサード(1914年)と鐘楼(1905年)が変更された。ロマネスク時代の彫刻が施された後方扉口の上部と、北側外廊で聖水盤として使われているライオンをかたどった柱頭には、ローマ時代の作品が再利用されている。北側後陣の横壁には、中世のフレスコ画がある。

この後も、案内板を引用するときは太字で書きます。

3. 平面図

教会の外の案内板に平面図がありまた。東が上です。

案内板による平面図

1から8までは、13世紀から18世紀の作品です。ロマネスク時代の作品は9だけ。

9.「獅子の穴の中のダニエル」を描いた浮き彫りのあるロマネスク時代の彫刻された扉口。

4. 内観

教会が開いていますから、内部も見ましょう。

身廊にて東を向く

案内板に書いてあった通り、オリジナルの構造はロマネスク様式のようです。

5. 東側外観(東扉口)

教会を出て、東側に行きます。

東側外観(Via Vittorio Emanuele IIにて)

ヴィットリオ・エマヌエレ2世通り92番地(Via Vittorio Emanuele II, 92)の隣に、教会の東扉口があります。

人通りの多い通りですが、扉口に立ち止まる人は、いないようです。

東扉口

近づいてみます。

東扉口

幻想的な生き物が描かれています。

中央には、二股人魚。

二股人魚

左には、キマイラとドラゴンが描かれています。

キマイラとドラゴン

左端には「獅子の穴の中のダニエル」(旧約聖書続編 ダニエル書補遺 ベルと竜)が描かれています。

「獅子の穴の中のダニエル」

預言者ハバククが、天使と一緒にバビロンの獅子の穴の中にいるダニエルに食事を届ける場面です。

ダニエル書補遺 ベルと竜 0章
33: さて、ユダヤに預言者ハバククがいた。彼は煮物を作り、パンを裂いて器に入れ、刈り入れをしている人たちに届けるため、畑に行くところだった。
34: その時、主の使いがハバククに言った。「あなたが持っている食べ物を、バビロンのライオンの洞窟にいるダニエルのところに持って行きなさい。」
35: ハバククは言った。「主よ、私はバビロンを見たこともなく、ましてその洞窟など知りません。」
36: すると主の使いは、ハバククの頭のてっぺんを捕らえ、髪の毛をつかむやいなや、一吹きの息で、彼をバビロンの洞窟の前に立たせた。
37: ハバククは大声で言った。「ダニエル、ダニエル、この食物を受け取りなさい。神があなたに送ってくださったのです。」
38: ダニエルは言った。「神よ、あなたは、私を思い出してくださいました。あなたを愛する者たちをお見捨てになることはありません。」

私が好きなのは、ハバククの髪の毛をつかむ天使。

ハバククの髪の毛をつかむ天使

Basilica di San Fedele。ロマネスク様式の東扉口が良いです。

〜Airbnb〜

私はレンタカーを東に約52km、40分ほど運転し、Seregno という町の Airbnb にチェックインしました。台所兼食堂兼居間兼寝室、シャワー・トイレという間取りのマンションです。車はマンションの前に駐車できました。

1人で5泊の総額が€ 237.99 EURでした。

台所兼食堂兼居間兼寝室

必要なものが揃っていたし、車を停めやすい広い駐車場があり、便利でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です