ベーグ(Bègues)

2022年8月7日(日)、三番目に訪れたのは Bègues 。Église Saint-Aignan です。

ここは、惹きつけられる浮き彫りがあります。

Bègues へ

私はジェンザ(Jenzat)から南西に12分ほど車を運転し、小さな村につきました。12時頃のことです。

Église Saint-Aignan(東側外観)

台地の上にポツンとある教会です。眺めのいいこと。

Église Saint-Aignan の概要

教会の中に案内シートがありました。一部を抜粋して太字で和訳しつつ、私が撮った写真を載せます。

教会の西側ファサードには、近代的なポーチが取り付けられており、14世紀中頃の受胎告知壁画の遺構を保護している。鐘楼は12世紀初頭に建てられたもので、石造りの尖塔があり、18世紀の鐘が納められている。

Église Saint-Aignan(南西側外観)

歴史
教会は、旧クレルモン教区に属し、その司祭はエブルイユの大修道院長が任命していた。
ベーグは、かつてオッピドゥム
(ケルト人が築いた城塞)があった台地に位置するコミューンである。ガロ・ロマン期の先史時代には、歴史的、考古学的な痕跡が残されている。さらに、この地域には、クレルモンからベーグ、シャルー、シャンテルを経由してブールジュに至る古代ローマ時代の道が通っていた。

多くのロマネスク教会と同様、この建物も、身廊とクワイヤは12世紀、後陣は14世紀ごろに建てられた。3つの柱間からなる身廊と、それを挟む側廊、突出することなく後陣と2つの小後陣にアクセスできる交差部から構成されている。

教会の中にあった案内シートのフロアプラン、東が上

身廊と交差部は、尖頭アーチの天井で覆われている。

Église Saint-Aignan(内観、身廊にて東を向く)

壁画
現在、身廊、クワイヤ、南翼廊、南小後陣に、14世紀から16世紀にかけて描かれた壁画をみられる。

Église Saint-Aignan(内観、南小後陣)

壁画は、2002年にクワイヤから始まり、翼廊に続いて2008年から2009年にかけて身廊が修復された。西扉口のタンパンを飾る「受胎告知」は、この修復の恩恵を受けておらず、約30年間修復されていない。14世紀中頃に制作されたこの作品は、残念ながら扉の拡大により、下部が切り取られている。

Église Saint-Aignan(外観、西扉口のタンパン)

Église Saint-Aignan の内観:浮き彫り

案内シートには何も触れられていませんが、身廊に浮き彫りが3つあります。

1つめが、こちら。

Église Saint-Aignan(内観、身廊にて南を向く)

十字の下に、棒がついています。

Église Saint-Aignan(内観、身廊の十字の浮き彫り)

2つめは、両手をあげている人物像です。

Église Saint-Aignan(内観、身廊にて北東を向く)

正面からの写真を撮り損ねました。

3つめも、人物像です。右手をあげています。

Église Saint-Aignan(内観、身廊の人物像の浮き彫りその2)

ギョロリとした目に、とがった顎、顔に対して小さい体。古そうな浮き彫りですが、年代も、何を意味しているのかも、よく分かりません。ただ、魅力的です。

Église Saint-Aignan。惹きつけられる浮き彫りがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です