アンヌザ(Ennezat)

2022年8月6日(土)、二番目に訪れたのは Ennezat 。Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne です。

ここは、柱頭彫刻にロマネスク美術が残ります。

Ennezat へ

私はトゥレ(Thuret)から南に9分ほど車を運転し、ちょっとした町につきました。12時半頃のことです。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(西側外観)

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne の概要と、関連する写真

教会の中にリーフレットがありました。一部を抜粋して太字で和訳しつつ、私が撮った写真を載せます。

アンヌザは、アンベヌ川とモルジュ川という二つの川に挟まれたリマーニュ平野に位置する。ガロ・ロマン時代から豊かな農耕地であり、交易の重要な場所であった。

外部建築
身廊、側廊、交差部、鐘楼の構成はオーヴェルニュ・ロマネスク様式である。

教会の中のリーフレットに、フロアプランがありました。北が上です。

教会の中のリーフレットにあったフロアプラン

一方、13世紀に溶岩で再建された周歩廊と5つの放射状祭室からなる堂々としたゴシック様式のクワイヤは、古いロマネスク様式に取って代わるものである。クワイヤで行われていた修道士たちの礼拝などに、より広いスペースを与えるためであった。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(南側外観)

この教会では、ロマネスク様式の厚い壁、開口部、樽形アーチと、ゴシック様式の薄い壁、大きな窓、襞のあるアーチが並置されているという特殊性がある。

鐘楼の左側には、3つのバットレスで補強された部屋があり、チャプターハウス(参事会集会所)として使われた。カノンと呼ばれる共同生活を営む修道士が集まり読書をした。また、修道士が入会したり、修道院長が選ばれたり、賓客が迎えられたりしたのも、この参事会集会所であった。参事会集会所は、16世紀に聖具保管室に改造された。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(北東側外観)

内装建築、ロマネスク様式部分
身廊の、第1層は柱に支えられた大きなアーケードで構成され、第2層はトリビューンに相当する。連続する樽型アーチ型の身廊は、長さ約18メートル。ステンドグラスは19世紀に修復された。現在、礼拝はゴシック様式の部分で行われている。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(内観、身廊にて東を向く)

ロマネスク時代には、柱を戴く柱頭が内部装飾の主要な部分を占めていた。身廊北東部にある柱頭は、他の柱頭よりも色が濃く、二人の悪魔が守銭奴の魂に憑依している様子を表している。この者の膝の間には、守銭奴の古典的なシンボルである土鍋と、首には財布が観察される。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(内観、身廊の柱頭彫刻)

二人の人物(律法学者)が巻物を広げている。そこにはラテン語で次のように書かれている:「あなたが高利貸しをしたとき、あなたは私の仕事をしたことになる」。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(内観、身廊の柱頭彫刻)

こちらの教会のロマネスク美術での注目は、なんといっても、この守銭奴の柱頭彫刻。

現地に、この柱頭彫刻についてだけの詳細な案内がありました。

現地にあった守銭奴の柱頭彫刻についての詳細な案内

概要には書かれてないことで、私が興味を持ったのは、次の2点です。
1. 使用人や守銭奴を描いたこの作品は、他の作品よりも色が濃く、コンク修道院からアンヌザ参事会に寄贈されたものである。
2. 使用人や守銭奴たちの衣服は、動物の皮でできた腰布で股間を覆うだけだ。(中略)当時、死者の描写は裸で描かれるのが普通であったため、彼らは死んでいると推測される。

コンク(Conques)修道院から寄贈された作品だったんですねえ。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne の内観:気になったもの

リーフレットには記載されていませんでしたが、気になったものを載せます。

<南側廊と周歩廊の間にある柱頭>

聖杯から飲むグリフォンと思います。立派な姿です。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(内観、南側廊と周歩廊の間にある柱頭)

<北側廊と周歩廊の間にある柱頭>

ブドウ畑と人だと思います。こちらもキリッと、引き締まった姿です。

<南側廊と翼廊の間にある柱頭>

人魚のペアなんですが、、、

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(内観、南側廊と翼廊の間にある柱頭)

胸がたいらなので、たぶん、こちらが男性。かなり凛々しい。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(内観、南側廊と翼廊の間にある柱頭)

そして、たぶん、こちらが女性。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(内観、南側廊と翼廊の間にある柱頭)

顔がすごく写実的なのに対して、その胸、、、かわいすぎませんか。

<南翼廊にある柱頭>

翼廊にも柱頭があるんですが、

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne(内観、南側廊にある柱頭)

一番左の柱頭をよく見たら

つぶらな瞳が魅力的です。

Collégiale Saint-Victor et Sainte-Couronne。柱頭彫刻が見逃せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です