ボローニャ(Bologna)<4>

聖ステファノ教会群の中の、Cortile di Pilato を見学します。

Chiesa del Santo Sepolcro の東側から、Cortile di Pilatoと呼ばれる小さな回廊に出ます。

Cortile di Pilato、東を向く

現地の案内

案内が掲示されていました。

現地の案内

案内に書いてある通り、Cortile di Pilato とは「ピラトの中庭」という意味で、イエスが鞭打たれた後にピラトによって人々に見せられた、エルサレムの場所にちなんでそう呼ばれています。

プランを拡大できます。

現地の案内の、プラン部分

見学

東西はChiesa del Santo SepolcroとChiesa della Trinità o del Martyriumの間にあります。

南北には特徴的な十字型の煉瓦製円柱を持つロンバルディア・ロマネスク様式の2つのポルティコがあります。

Cortile di Pilato、西を向く

小石を敷き詰めた中庭の中央には、ピラトが手を洗ったたらいにちなんで Catino di Pilato と名付けられた水盤があります。

この大きな大理石の水盤の、円形の縁の下にある碑文には、ロンゴバルドの王、リウトプランド(伊:Re Liutprando、在位712~744)などの名が記されています。

このため、740年頃に作られたロンバルディアの作品とも言われますが、碑文の解読、彫刻からの年代測定、そして過去の設置場所について、尽きない議論の対象となっています。

Cortile di Pilato、北西を向く

それにしても、Chiesa del Santo Sepolcro の外壁にほどこされた装飾が、実にみごと。

装飾は、大理石、砂岩、レンガを巧みに使ったシンプルな幾何学図形で、色のコントラストが特徴です。

Chiesa del Santo Sepolcro の外壁にほどこされた装飾

Cortile di Pilato、聖ステファノ教会群の中の小さな回廊です。ここからみることのできるChiesa del Santo Sepolcro の外壁にほどこされた装飾が実にみごとです。

次回、Chiesa della Trinità o del Martyrium を見ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。