ピアチェンツァ(Piacenza)<3>

Basilica di San Savino の続きです。地下聖堂をみたので、これから地上階をみます。

地下聖堂に背を向け、階段をのぼります。

地下聖堂の上からファサード裏(西)を向く

北側廊には明るい照明がつき、たくさんの人が大がかりなプレゼピオを設置中でした。

北側廊。ファサードを背にして東を向く。

イタリアでは12月初めのこの時期、馬小屋でのイエスの「ご生誕」場面を再現したプレゼピオ(prezepio)があちこちで飾られます。プレゼピオとは飼い葉桶のことで発音は「ゼ」を強く言います。これを見てクリスマスだなあ、と感じる人が多いはず。

作業の邪魔をしないように、そうっと見学を続けます。

身廊から主後陣と南側廊を向く
身廊から主後陣と北側廊を向く
南側廊、ファサードを背にして東を向く。

北側廊から内陣へ。

地上階にあるロマネスク様式の柱頭彫刻もたいへん素晴らしいです。

北側廊から内陣を向く

聖堂内陣の主祭壇に置かれている12世紀の木製の十字架

木製の十字架(12世紀

威厳を感じます。

このときプレゼピオのところにいた男性が私に気づいてこちらに来たので話しました。男性によると、この磔刑像が独特なのはイエスが目を開けているところなんだそうです。

言われて見ると確かに。ギョロリと見開いています。

すごい目ぢから

さらに男性は「これもぜひ見てください」と祭壇の手前にある絨毯をめくってくれました。

祭壇の手前にある絨毯

わお。

内陣のモザイク

そうそう、これこれ。こちらの教会で見たかったもう一つのモザイクです。絨毯を勝手にめくって良いものか不安だったので、男性が見せてくれてありがたかったです。

「保存のために絨毯で覆っているんです。あらわにしたままだと多くの人が上を歩いてモザイクがいたみますから。」と男性は言いました。

私は男性にお礼を言い、鑑賞と撮影に熱中しました。

中央は太陽と月を手にするイエスと思います。

内陣のモザイク

私、この帽子が好きです。

内陣のモザイク

こちらの人の目元が愛らしい。

内陣のモザイク

そして周囲にはたたかう人たち

内陣のモザイク
内陣のモザイク

こちらは何でしょう?REXは王という意味、IVDEXは司法とか審判の意味だと思うのですが、従者が手にしているものとあわせて考えると良いのでしょうか…

内陣のモザイク

チェスをする人たち

内陣のモザイク

残念ながらどんな意図でこのモザイクを大切な内陣という場所に設置したのか分からないのですが、たたかう人たち、王やチェスをする人たちが世俗のものであり不安定なのに対して、中央のイエスの太陽と月を持って座るゆるぎない姿がとても偉大です。

内陣のモザイク

Basilica di San Savino、地上階ではモザイク、十字架と柱頭彫刻が素晴らしいです。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です