アロス・ディシル(Alós d’Isil)

2019年9月の旅行八日目、四番目の目的地はAlós d’Isil。ソン (Son)から北に約14km、車で約20分の道のりです。

ノゲラ・パラレサ(Noguera Pallaresa)川に沿って、細い道を山に分け入るように進みます。

Google マップの画像を編集しました。青い線が、この日に私がたどった順路。

Alós d’Isilは谷の中でも特に小さい集落で、勾配に建物がひしめくばかりで、あまり人気はありません。

ここでの目的は、Sant Lliser d’Alós。

教会の西にある駐車場に車を停めました。

Sant Lliser d’Alós、南西側。

鐘楼の様子など、一見するとバロック様式の教会。

教会の背後には山。

Sant Lliser d’Alós、南側。

東側を見ようとしましたが、、、

南側

隣の建物が隣接していて、反対側はみられません。

塀の中に入ってみます。

南西側

ファサードの手前は墓地になっていて、花がたくさん。

ファサード

ロマネスク様式の主扉口が、すごい。

主扉口

でも、扉はガッチリ閉まっています。

この教会の中にはロマネスク様式の盤が三つあって、一つは洗礼用で二つは油用、ときいています。それを見たくて、ガイドを予約したのですが、そのガイドから前夜にメールが来て「体調を崩したからキャンセルさせて欲しい」とのことで。。。

次回のお楽しみということになっちゃいました。

扉口をじっくり見ます。

細かい装飾の三連アーチがあり、

アーチ

アーチの左右上方に彫刻が埋め込まれています。

向かって右の彫刻には、クリスモンや模様の他、二人の人物が。

向かって右の彫刻

片方の人、もう片方の人の背後から腰に手をやってますよね。

二人とも笑顔で、なんだか仲よさそう。

向かって右の彫刻

向かって左の彫刻は、十字架を挟んで、腕を組む二人。

向かって左の彫刻

足が曲がってる理由は、わかりません。

もしかして、ホットパンツはいてる?ベレー帽かぶってる?ホットパンツから下に伸びる3本の線は、何?

不思議な図です。

向かって左の彫刻

字が読めます。左にARNAL、右にPIHER。

もしかして墓石だったのかも。

目を下に移動させると、柱頭の彫刻が、珠玉。

向かって右の柱頭彫刻

別の角度から。

向かって右の柱頭彫刻。

正面には、アバクス(柱頭の上)に彫刻がありません。切断されている感じ。

上の写真を編集

別角度。こちらの面(内側)には、アバクスに花模様があります。

向かって右の柱頭彫刻

アバクスの花模様が内側だけなの、不思議に感じました。

向かって左の柱頭彫刻を見ます。

向かって左の柱頭彫刻

向かって左も、アバクスの花模様は内側だけで、正面側は切断面になっています。

向かって左の柱頭彫刻

さらに別の角度から

向かって左の柱頭彫刻

夢中で見入っていると、背後から、声が聞こえました。英語。

「すばらしいね、美しい。」

振り向くとバックパックを背負った男性と女性の二人づれ。

ガーンジー島からの旅行者だそう。今朝はフランスとの国境近くの山を歩いてきて、そこは雪がすごくて寒かったとのこと。写真も見せてもらいましたが、まるっきり白銀の世界。

わお。9月上旬に、、、雪ですか。

雪山の大自然を満喫して、それから出会うこの力強いロマネスク美術は、きっと一味ちがうことでしょう。

Sant Lliser d’Alós、主扉口の装飾が素晴らしい。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です