ソン (Son)

2019年9月の旅行八日目、三番目の目的地はSon。ソルペ(Sorpe)から南に約7km、車で約10分の道のりです。

ここでの目的は、Sant Just i Sant Pastor de Son。

山の上にあります。

山の中に鐘楼が

車の中から、ふと見下ろすと

緑ゆたかな、おだやかな風景

Sonの村に入ります。

写真で向かって左に見えるのが、目的の Sant Just i Sant Pastor de Son

村の入り口にある駐車場は、目指す教会の東。

村の入り口の駐車場

車を停めて東を向くと、これまた、のどかな風景

眼下の集落は、エステリ・ダネウ(Esterri d’Àneu)、この日最初に行った場所です。

そう。位置的には、最初のエステリ・ダネウ(Esterri d’Àneu)から、ここソン(Son)へ来て、次にソルぺ(Sorpe)に向かう順序が効率が良いのですが。

この日にとったルート(青い矢印)。Google マップの画像を編集しました。

もしかして体調を崩したガイドが、約束した時刻にソルぺ(Sorpe)の教会の扉が開くように誰かに手配してくれてたら最高にハッピー、と考えて、行ってみたわけで。

でも、そんなにうまい話は、なかった(扉はガッチリしまってた)わけで。

あきらめて、効率的な訪問順にしようと、ここへ来たわけで。

🥺

ま、気持ちを切り替えて、見学できる部分に集中させてもらいます。

眼下のエステリ・ダネウ(Esterri d’Àneu)から、振り返ると、こちら。

Sant Just i Sant Pastor de Son(東側)

南側から教会に近づけそうです。

教会の南側

フロアプラン付き案内板がありました。

案内板によると、1076年に最初に文書に記録された教会で、墓地、塔、祈祷所などとともに歴史的、人類学的に興味深い建築物群を形成しています。

11世紀から12世紀のロマネスク様式またはロンバルディア様式の教会は、単身廊で、堅固な鐘楼があります。15世紀に、Pere Espallarguesによるゴシック様式の祭壇画が設置されました。その後、側礼拝室が増築され、内部はバロック様式の絵画で装飾されました。

私は「祈祷所」と和訳しましたが、調べてみたら、comunidorというのは四つの方向に出入り口がある(ものによっては出入り口があるというよりむしろ、壁がほとんど無い東屋のような)、宗教的な機能を備えた小さな建物。嵐やペストなどに際して祈祷する司祭を守る役割がありました。ピレネー 地方の山岳教会の近くに造られることが多かったそうですが、今はあまり残っていません。

ここの祈祷所ってどれ?と探しましたが、どれのことだか、私には分かりませんでした。

ごめんなさい。

門の中へ入ります。

入ってすぐ左に、塔と教会をつなぐ建物。

塔と教会をつなぐ建物

この建物の先に、教会の主扉口(南扉口)があります。

教会の主扉口(南扉口)、施錠されてました。

墓地に行ってみます。

墓地との間の門

風が吹くたびにギーギーと音を立てていましたが、ついに大風でバタン!と音がして全開に。

にぎやかな門だなあ。

教会の南側。にぎやかな音のする門と、墓地。

後陣が、美しい。

北側も

背後の山並みと後陣、鐘楼が、きれい

Sant Just i Sant Pastor de Son、山の上の教会です。後陣と鐘楼が美しい。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です