サラルドゥ(Salardú)

2019年9月の旅行七日目、六番目の目的地はSalardú。ウンア(Unha)から南に約1km、車で約4分の道のりです。

ここでの目的は昼食とSant Andreu de Salardú。

駐車場に車を停め、山方向(北)を見上げると、さっき行ったウンア(Unha)のSanta Eulàliaの鐘楼が見えました。

右端に小さく見えるのがSanta Eulàlia d’Unhaの鐘楼。左はこれから行くSant Andreu de Salardú

まずは昼食、と思って店を探し回りました。13時45分頃ですからスペインではちょうどランチタイムのはずなのに、ほとんどの店が営業してなくて、、、

唯一、美味しい料理を出す雰囲気をかもし出しながら営業していた、上の写真の向かって右の店に入ってみると、店内は超満員。客でごった返してました。店員が「14時半以降なら大丈夫」と言うので、ホッとして、先に教会を見学することに。

Sant Andreu de Salardúへ向かいます。

教会は堅固そうな石壁の向こう。

階段の上にSant Andreu de Salardú

開いてると良いなあ

教会の南側

やった!南扉口が開いています。

まずは、教会の全体像から。

教会の南側

教会の南西部に鐘楼があります。

この鐘楼に入ってみました。

電光の案内板?

この教会の案内板はハイテクで、英語を選んで説明を読むことができるんです。便利!

この案内板によると、Sant Andreu de Salardúはロマネスク後期(13世紀)の特徴を持つ建築で、バジリカ型の三身廊、東に三つの後陣を持ちます。

案内板のフロアプランの画面

教会の南東に建つ八角形の鐘楼は、地上階の天井がゴシック様式のリブ・ヴォールトで、その高さと堅牢さから、1649年までこの教会を取り囲んでいた城の天守閣の役割も、つとめていました。扉口のゴシック様式のアーチに飾られたアラゴンの君主の紋章は、ここがかつて王室の要塞だったことを示します。

扉口のアーチに残る、アラゴンの君主の紋章

教会の外側は、豊かな持ち送りの彫刻や、扉口の五重アーチの植物装飾などで装飾されています。また、扉口にはイエス・キリストのモノグラムがあります。

教会の内部は、優雅なゴシック様式による身廊のリブ・ヴォールトと西側の大きな窓があり、ロマネスク様式による側廊の半ドームがあります。

見学をしめくくるのはロマネスク様式による木製多彩色の聖十字架であり、12世紀後半に遡る傑作で、主後陣におさめられています。

では、教会の内部へ行きます。

内陣の上部の壁画は16世紀から17世紀のもの。

西側を背にして主後陣を向く

北側へ。

北側廊。西を背にして小後陣を向く。
西を背にして主後陣と南小後陣を向く。

南側へ。

南側廊。西を背にして小後陣を向く。
西を背にして主後陣と北小後陣を向く

聖十字架を、みたい。

後陣との間には美しい細工の鉄扉があります。

扉は全開でした。扉の細工を写真におさめたくて私が軽く閉じたんです。

貴重な聖十字架は透明なケースにおさめられています。

予想していた以上に、色が残っています。

特に良く残っている部分をご紹介。イエスの上には天使が居て

イエスの上にいるのは、天使

イエスの足の下にはアダム。アダムが最初の罪人であるところから、象徴的にイエスによって蘇生されるアダムが描かれます。十字架上で死んだイエスは、復活の朝まで3日のあいだ、黄泉の国(Limbo)に下って旧約聖書時代の預言者やアダムの魂を死や悪魔から開放して天国に導くんです。

死んだイエスはこれから、せっせと、開放するんですな。きっと。

アダムはイエスの足の下で、上を見上げてます

十字架の裏側には、神の仔羊や四福音書記者のシンボルが描かれています。

聖十字架の裏側

これまた、色あざやか。

マルコ(獅子)
ルカ(雄牛)

満足するまで楽しんだら、教会の外を見学しました。

教会の南側。上部の持ち送りの彫刻が並びます。

実に多様で、美しい。

牛みたいなのや、植物や
孔雀?
小動物?
ビシっと祝福
突端には人面。魔除けっぽいですよね。

最後に、南扉口を、じっくり。

南扉口

細部をみます。

南扉口、柱頭彫刻
南扉口、柱頭彫刻

うん?かわいいぞ。

南扉口、部分

Sant Andreu de Salardú、13世紀の後期ロマネスク建築です。主後陣の聖十字架、持ち送りと南扉口の装飾が素晴らしい。

時刻はちょうど14:30頃となり、昼食をとるために先程の店へ。

Restaurante Vinoteca Gris – Salardu

Restaurante Vinoteca Gris – Salardu
Plaça Major, 18, 25598 Salardú, Lleida
+34 973 64 49 26

店に入ると、相変わらず客で満席でしたが、店員は入り口のそばの小さいテーブルを示して「すぐに片付けますから、こちらにどうぞ」と英語で案内してくれました。

前菜のサラダとスープ

スープが温かくて滋味あふれてて、最高!

保温機能に優れてます

スープ皿に盛り付けると

見た目は、こんな感じ。ごくウマでした。
主菜は、郷土料理ときいたので、ソーセージ

夫は主菜をステーキにしました。

率直に言えば、見た目の華やかさには欠けますが、家庭的な味でとても美味しかった!そして店の人も、日本語で話そうとしてくれたり(兄弟が日本に住んでいるそう)、英語で丁寧に料理の説明をしてくれたりして。とても、良い店でした。

この辺りで食事なさるなら、こちらのお店、おすすめです。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です