ベルドゥ(Verdú)

2019年9月の旅行三日目、二番目の目的地はVerdú。シウラナ(Siurana)から北東に約80km、車で約80分の道のりです。

ここでの目的はサンタ・マリア教会(Església Parroquial De Santa Maria)のロマネスクの扉口。

事前に問い合わせると、観光案内所から、教会だけでなく城や塔も回っちゃう11時開始のツアーを勧められました。そしてツアーであれば城と教会の中に入ることが出来ると言われたんですが、、、参加しませんでした。

私の目的はロマネスクの扉口だし、11時開始でゆっくり回ると予定がキツイので。城や塔は町の歴史を語る重要なモニュメントですから、いつの日か時間に余裕ができたなら、参加してみようかと。

さて、駐車スペースに車を停めると、歩いて教会に向かいました。

鐘楼が見えてきました

建物と建物の間から、目的の扉口が見えました。

さらに近づくと、ファサードにはもう一つ、とても小さい扉口がついてました。

スリムな人、限定かな

上の写真で、向かって右(南)側は、およそロマネスク教会らしくない壁なんです。

試しに行ってみました。

教会の南壁

ね、全然ロマネスク教会じゃないこの姿。

案内板のようなものは見当たりませんでした。

ファサードに戻ります。

やっぱ、西扉口でしょ!

ギザギザや幾何学模様がきれいに残っています。

西扉口

木製の扉が開いていたので、もしかして中に入れるかな?と思って近づきましたが、内側のガラス扉は施錠されていました。

柱頭彫刻は残念ながら、かなり摩滅しています。

向かって右の柱頭彫刻

別角度から。

向かって右の柱頭彫刻

もう少し近寄って。

向かって右の柱頭彫刻

向かって左の柱頭彫刻を見ちゃいます。

向かって左の柱頭彫刻

神の仔羊や天使が見えます。

別角度から。

向かって左の柱頭彫刻

さらに別角度

あ、鳥だ

万歳してる人と、鳥。

ぷくぷく顔が愛らしくて、その周りに、かなり細かい彫りが施されてるんですねえ。

サンタ・マリア教会(Església Parroquial De Santa Maria)、ロマネスクの扉口が残されています。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です