ピストイア(Pistoia)<1>

2019年GWの旅行八日目、最初の目的地はPistoia。泊まっているシエナ(Siena)から北に約104km、車で約80分の道のりです。

5月1日(水)に訪問したのは6箇所。
30 ~ 33. ピストイア(Pistoia)
34 ~ 35. ルッカ(Lucca)

グーグルマップを編集して訪問番号を加えました。

ピストイア(Pistoia)での目的は四つのロマネスク訪問と昼食です。

グーグルマップの画像を私が編集しました

管理人がいる屋内駐車場に停めようとすると「今日は祝日みたいな日だから13時から17時までは車が出せなくなりますが、良いですか?」とのこと。昼食を終えたら出発しようと考えてましたから、それは困る。車はパーキング・チケットの場所に停めました。

まず、目指したのはサン・ゼノ大聖堂(Cattedrale di San Zeno)。

広場に着き、大聖堂の北壁を見ました。

二色大理石と、アーチの下のひし形。

5月1日だからか、このあと労働者のパレードと集まりがありました。車はその警備車両だと思います。ユニフォーム姿の人たち、ビシッとしてるかと思ったら大間違い。楽しそうにくっちゃべってました。イタリアですもんねえ。ここ。

大聖堂の北側には美しいドゥオモ広場(Piazza del Duomo)。

広場の反対側まで行って、北壁と鐘楼とファサードを写真におさめました。

大聖堂の北東(写真向かって左)の建物は市役所

案内板によると大聖堂は12世紀~13世紀に、1108年の火災で焼け落ちた教会の跡地に建てられました。

鐘楼は、ビフォラ(bifora、開口部が二つの窓)を持つ三階建てが12世紀に建てられました。色大理石のアーチが14世紀初めに加えられ、尖塔と時計盤が16世紀後半に加えられました。

尖塔は、無いほうが良かったなあ、、、個人的な感想としては。

ファサードに向かって移動すると、ファサードの西側に洗礼堂。

案内板によると洗礼堂は14世紀にサンタ・マリア・イン・コルテ教会(Chiesa di Santa Maria in Corte)の跡地に建てられました。

洗礼堂の東扉口

ファサードを振り返ります。

鐘楼とファサード

ファサードのポルティコは14世紀、ファサードの中央の扉口の聖母子は16世紀。

ファサードの中央扉口
ファサードの南扉口

中に入ります。

立派です。

北側廊
南側廊

南側から地下聖堂におりられます。

上の写真の、階段手前の床にある鉄網。下をのぞくと

象嵌かな?

近づきます。

美しい細工

階段をおりて地下聖堂へ。

壁にレリーフが置いてあります。

地下聖堂かなり広いです。

地上に戻り、ファサードから外に出ようとして、ふと床の一部が違うことに気づきました。

テラコッタ風のが新しい床、白黒のが古い床かなと思います。

古い床、味があって好きです。

外に出てファサードを振り返りました。

サン・ゼノ大聖堂(Cattedrale di San Zeno)、ピストイア(Pistoia)のドゥオーモです。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です