ソヴァナ(Sovana)

2019年GWの旅行七日目の最後、七番目の目的地はSovana。アッバディア・サン・サルヴァトーレ(Abbadia San Salvatore)から南に約41km、車で約54分の道のりです。

ソヴァナ(Sovana)での目的はサンティ・ピエトロ・エ・パオロ大聖堂(Concattedrale dei Santi Pietro e Paolo)。

村に着いたのは17:30頃でした。

Sovanaは「イタリアの最も美しい村」の一つで、中世の町並みが魅力的です。オラトリオ通り(Via dell’Oratorio)に停めやすい駐車場があるので、歩いて大聖堂に向かいました。

途中で立派な花が満開でした。

なんだか、めでたい気持ちに

大聖堂は駐車場から徒歩5分。

西側に入り口があります。

さすが大聖堂。開いてる時間が長くて助かります。

受付で入場料を払い、進みます。

受付の隣の部屋ではビデオが映されてて、

案内シートが置いてありました。

それによると、現在の建物は11世紀から12世紀にかけてロマネスク様式とゴシック様式で、1000年頃に建てられた教会の上に建築されました。その1000年頃の建築物が残っているのは地下聖堂と大聖堂の外側に取り付けられている数点の断片です。

案内シートにフロアプランがありました。

案内シートのフロアプラン

さて、見学開始。

北側廊に、この大聖堂で一番有名な柱頭群がありますが、詳細は後ほど。

後陣を向く
南側廊
北側廊
後陣を背にして西を向く

柱頭をみます。

柱頭には主に植物、動物や擬人化された形が描かれています。

北扉口から入ると真っ先に目に入る場所に、一箇所だけ、人や動物がひしめく柱頭群があるので、目をひきます。

身廊側からぐるりと見回します。

まず、 鍵を持つ聖ペトロ(新約聖書 マタイによる福音書16章)。

この大聖堂は聖ペトロ(イタリア語:サン・ピエトロ)に捧げられています。

右隣に、アダムとエバ(旧約聖書 創世記3章)。

見えにくい位置ですが、 アダムとエバの右隣に、紅海を分けるモーセ(旧約聖書 出エジプト記14章)。

体育座りの人たちを挟んで、獅子の穴のダニエル(旧約聖書、ダニエル書6章)。

天使や獅子が生き生きしています。力作。

北扉口から入ると、まず目にする角度です。

ワシを挟んで、イサクの犠牲(旧約聖書の創世記22章)。

右隣に、アブラハムと妻子たち(旧約聖書の創世記24章)。

中央にアブラハム、両脇にサラとハガル。サラはイサクを、ハガルはイシュマエルを抱いています。

下から見上げると、ごちゃごちゃっとしてて何だかよくわかりませんでしたが。。。落ち着いてみてみると、聖書の場面がしっかり描かれてました。

内陣の手前から後陣を見ます。

後陣

南側から地下聖堂におりられます。

女性が「クリプタは見ましたか?分かりにくいですが、あそこからおりられますよ。」と声をかけてくれました。ご自身が、なかなか見つけられなかったんだそう。

しょっちゅう入り口を探して右往左往してしまう私としては、この女性に親近感。

地下聖堂は地上の内陣と後陣の真下。同じような配置です。

だから南側から入ると向かって右が後陣。

地下聖堂内で後陣を向く

地下聖堂の後陣の北側に階段がありますが、この階段をのぼると直接、外に出られる構造になってます。

地下聖堂から外に出られる扉は閉めてありましたから、来た順路を戻り、受付から外にでました。

大聖堂の東側から後陣をみます。

上部の八角形のランタンと、その下の半円形の後陣が特徴的。

後陣の、上の写真で言うと向かって右下の扉。これが地下聖堂から直接外につながってる扉です。

断片が色々と埋め込んであります。

窓の装飾も興味深い。

北扉口を見ます。

北扉口には古典的なロマネスクのモチーフが使われ、騎士、孔雀、獅子、人魚などが描かれています。

タンパンの部分に断片が組み込まれているのも、上に一人だけ泳いでいる人がいるのも、なんだか面白い。

丁寧な彫刻。

こちらも当然、丁寧。

ゴージャスです。

騎士
人魚

サンティ・ピエトロ・エ・パオロ大聖堂(Concattedrale dei Santi Pietro e Paolo)。 美しい村ソヴァナ(Sovana)の何層もの歴史を閉じ込めていて、北扉口と柱頭の装飾が秀逸です。

これにて、この日のロマネスク訪問は終了。

ソヴァナ(Sovana)からシエナの宿までは約110km。二時間かけて帰りました。

4月30日(火)に訪問したのは7箇所。
23. コルシニャーノ(Corsignano)
24 ~ 26. サン・クイリコ・ドルチア(San Quirico d’Orcia)
27. カステルヌオーヴォ・デッラバテ(Castelnuovo dell’Abate)
28. アッバディア・サン・サルヴァトーレ(Abbadia San Salvatore)
29. ソヴァナ(Sovana)

グーグルマップを編集して訪問番号を加えました。

南トスカーナを駆け巡った一日。この日も素晴らしいロマネスクに出会いました。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です