ラ・ロシュポ(La Rochepot)

2018年9月の旅行五日目、三番目の目的地はLa Rochepot。シャロン=シュル=ソーヌ(Chalon-sur-Saône)から北西に約32km、車で約32分の道のりです。

ここでの目的はノートルダム教会(Eglise Notre-Dame-de-la-Nativité)と昼食。Chalon-sur-Saône で食べたかったけれど、レストランのランチ開始時刻を待ちきれず、ここでハンバーガーを食べることにしたんです。

ここには Parking du Chateau de La Rochepot という無料駐車場があり、そちらに車を停めました。

そして昼食はここへ。

Bistrot Maison Marlot
Chateau de La Rochepot, 21340 La Rochepot

私はハンバーガーとスムージー、

夫はハンバーグと水を注文しました。

目の前には有名な城と緑あふれる丘が広がってて、すごく眺めが良い~。

この城についての詳しいことはこちら。食事している間にも、女性を中心に多くの人が見学に訪れていました。

パッと見ただけでも改築されててきれいですが、城の中もきれいでした。私は城の見学をしたわけじゃないんですが、食事をした店でトイレは城の中のを使うよう案内されたのでトイレだけ使ったんです。言われたとおりに門を入って左に行くと、大変美しいトイレがありました。

昼食を終えると早速、教会見学。12世紀に建てられたノートルダム教会(Eglise Notre-Dame-de-la-Nativité)は城のある高台から坂を下ってすぐ。

教会の南側が通りに面しています。

事前に私の訪問予定日に教会が開いているか、開いているなら何時から何時までかをmairie に問い合わせたとき、こんな風に回答がありました。

bonjour madame,
l’église est ouverte tous les jours.
cordialement
Mme xxxx xxxx, secrétariat
Mairie ouverte au public mardi 13h30/18h30 et vendredi 9h/13h

こんにちはマダム、
教会は毎日開いています。
敬具
マダム xxxx xxxx, 秘書
役場は火曜13:30~18:30と金曜9:00~13:00に開いています

この回答もあったし、城も絶賛営業中だったし、ぜったい、教会はバーン!と開いていると思ったんですが。

façade。西扉口は、かたく閉ざされてました。でもまだ、この時点ではどこかの扉が開いているだろうと楽観的だった私。彫刻をめでたりなんかして。

南側も。

このあと、教会をぐるりと一周しながら扉という扉を押したり引いたりしました。

でも、どれも全然あかない。

うっそーん。

どういうこと?毎日開いてるってマダム書いてたじゃん。ううう。。。Mairie に行ってみることも考えましたが、この日は木曜日で、Mairie の業務時間は火曜13:30~18:30と金曜9:00~13:00です。あきらめました。

その代わり、外からの眺めを堪能しました。

北西から見たのが上の写真。木々と塀の向こう、教会との間にはたくさん墓があります。

南東から見たのが上の写真。後陣の窓のアーチの丸さや軒の形がロマネスク。

同じ位置から北東を向くと、城がありました。

私は教会の中に入れずじまいでしたが、中の様子を知りたい方はこちらのサイトに紹介されていますので、ご参考まで。

La Rochepot は、城と周りの風景が人をひきつけます。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です