リポイ(Ripoll)<2>

Ripoll のサンタマリア修道院(Monestir de Santa Maria de Ripoll)、続きです。Portal 中央のアーチ部分を見ていきます。

Portal 中央の一番上には1 全能の神、両脇に2 天使がいます。その下にアーチがあり、円が並んでいます。ここが37 植物と動物の中央にイエスのシンボル(神の子羊)です。

37の内側に38〜49 聖ペトロと聖パウロの物語があり、装飾アーチを挟んで内側に50〜59 ヨナとダニエルの物語があります。そして、上の写真では見辛いのですが、ジグザグ装飾のアーチの下側に60〜66 カインとアベルがあります。

38〜49 聖ペトロと聖パウロの物語を見ます。向かって左半分の38~43は聖ペトロの話です。

下から順に、38 生まれながら足の不自由な男を治す聖ペトロと聖ヨハネ、39 女性を生き返らせる聖ペトロ、40 皇帝ネロと聖ペトロ、41 魔術師シモンを雲から落とす聖ペトロと聖パウロ。(42の足部分だけ写っています。)

40の皇帝ネロの脚。曲げ方がなんとも、かわいい。

続きを見ます。

下から順に、42 投獄される聖ペトロ(足部分が写っていません)、43 殉教する聖ペトロ。

アーチの頂点を境にして、向かって右半分の44~49は聖パウロの話です。

上から順に、44 アナニアに会う聖パウロ、45 聖パウロの洗礼。

続きです。

上から順に46 聖パウロの説教、47 投獄される 聖パウロ、48 斬首される 聖パウロ、49 執行官に頭を提示される聖パウロ。

49のパウロ、首から血が噴き出しちゃってます。で、ニンブスは頭じゃなく首につくのね。そーゆーものなのか。

一番内側のアーチの、60〜66 カインとアベルを見ます。

下から、60 カインに殺されるアベル、61 羊の群れの中から肥えた初子を主に献げるアベル、62 天使。

カインが巨大でアベルは叱られている子供のようです。

62の天使が重複しますが、アーチの一番上の部分です。

62 天使、63 全能の神、64 天使。

64の天使が重複しますが、続きがこちら。

64 天使、65 土の実りを主のもとに献げるカイン、66 アベルの遺体を埋めるカイン。

66ではアベルが泡風呂に入っているようにも見えますが、創世記4章によればアベルの血が土の中から神に向かって叫んだそうなので、あれは、土です。

Portal を楽しんだ後、中に入りました。

そして、もう一つのお楽しみの、回廊(cloister)へ。

ドアの向こうには驚きの世界が広がっていました。

二階建てになっています。

現地にあった案内です。

時代を重ねて造られたことがわかります。

柱頭彫刻は、こちら:

鼻の下を伸ばしてます。

けっこう太ってみえるのに、あばら骨があります。

ひげ老人。

大きな歯でしょうか。

ライオンっぽいです。

定番の二股人魚もありました。

表情が明るい人。いいですねえ!

この時、とても疲れていたんですが、前向きに行こう!と元気を出して、サンタマリア修道院(Monestir de Santa Maria de Ripoll)を出発しました。

Ripoll、終わります。

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です