リポイ(Ripoll)<1>

2018年3月の旅行八日目。二番目に行ったのは Ripoll 。Vicからは電車で片道約40分です。 Ripoll はカスティーリャ語(スペイン語)だとリポル、カタルーニャ語だとリポイと発音するそう。

目当てはサンタマリア修道院(Monestir de Santa Maria de Ripoll)です。Ripoll 駅からは北西に約1km、徒歩15分。途中、テル川(Riu Ter)を渡るんですが、この日は川沿いに沢山のテントが張られていて、お店が並んでいました。けっこうな賑わいで。

到着。

早速、中に入って受付でお金を払い、英語とフランス語が併記されている案内を貰いました。そちらに載っていたフロアプランが、こちら。

修道院の設立は880年。888年に最初の付属教会が聖別されました。

1008年にオリバ(Abat Oliba)が大修道院長(abbot)に就任し、教会建物の拡張を行います。このとき左右対称の bell tower 二基、翼廊(transept)、クワイヤ(choir)などが造られました。Abat Oliba はキュクサのページにも登場した有名人です。

そして12世紀に見事なロマネスク彫刻の扉口(portal)が造られ、12世紀から16世紀にかけて回廊(cloister)が造られました。

1428年の地震で身廊(nave)の屋根と bell tower 一基が崩落。フランスの侵略、カルリスタ戦争(19世紀のスペイン王位継承権を発端とする内戦)など、15世紀から19世紀にかけて不幸が続きましたが、1870年から1893年にかけて修復プロジェクトが行われ、ようやく現在の姿になりました。

12世紀のロマネスクの portal が圧巻なんです。ここ。

フロアプランで言うと、①の場所です。

残念ながら摩滅していて何を彫ってあるのか分かりにくいです。現地にカタルーニャ語で詳細が掲示してありました。それを参考にして、みていきます。

ざっくり言うと、
1 全能の神
2 天使
3 福音書記者マタイのシンボル(翼の人)
4 福音書記者ヨハネのシンボル(鷲)
5 二十四人の長老
6 福音書記者マルコのシンボル(獅子)
7 福音書記者ルカのシンボル(雄牛)
8 神を見ている聖人たち
9〜27 出エジプト記とダビデ王とソロモン王の物語
28〜29 ダニエルの幻
31 金持ちとラザロ
35 聖ペトロ
36 聖パウロ
37 植物と動物の中央にイエスのシンボル(神の子羊)
38〜49 聖ペトロと聖パウロの物語
50〜59 ヨナとダニエルの物語
60〜66 カインとアベル
67〜78 十二ヶ月

向かって左上を撮った写真。

画像の上段は5 二十四人の長老、下段は8 神を見ている聖人たち。

少し右に動いて撮った写真です。

上段左から5 二十四人の長老、3 福音書記者マタイのシンボル(翼の人)、2 天使、1 全能の神。下段左から6 福音書記者マルコのシンボル(獅子)、37 植物と動物の中央にイエスのシンボル(神の子羊)。

さらに右に動いて撮った写真。

上段左から1 全能の神、2 天使、4 福音書記者ヨハネのシンボル(鷲)、5 二十四人の長老。下段に7 福音書記者ルカのシンボル(雄牛)。

向かって右端まで来て撮った写真です。

画像の上段は5 二十四人の長老、下段は8 神を見ている聖人たち。

Portalは厚みがあって、横にも彫刻があります。向かって左側の上の部分です。

上から5 二十四人の長老、8 神を見ている聖人たち、9 預言者エリヤ、20 楽師たち。

Portal を正面に見る位置に戻って、向かって左側の中程を見ます。

上段左から10 ソロモンの夢、11 ソロモンの裁き、12 王となるソロモン。下段左から21 契約の箱、22 契約の箱を運ぶ人、23 危機に瀕するエルサレム。

12と23が重複しますが、少し右を見ます。

上段左から12 王となるソロモン、13 ダビデを後継者に指名するソロモン、14 装飾。下段左から23 困窮するエルサレム、24 ダビデに主のための祭壇を築くよう命じる預言者ガド。

厚みの部分に施された彫刻の、向かって右側の上の部分です。

上から8 神を見ている聖人たち、15 紅海を渡る、25 レフィディムでアマレクと戦うヨシュア。

Portal を正面に見る位置に戻って、向かって右側の、中程の部分です。

上段右から16 天から降るマナ、17 導かれるイスラエル人、18 水を求めるイスラエル人。下段は25 レフィディムでアマレクと戦うヨシュア。

少し重複しますが、少し左側を見ます。

上段右から18 水を求めるイスラエル人、19 岩を打って水を出すモーセ、14 装飾(一部)。下段は25 レフィディムでアマレクと戦うヨシュア、モーセの手を支えるアロンとフル。

下の部分を見ていきます。向かって左側:

26 ダビデと楽師たち。

向かって右側:

27 神から法を授けられるイスラエル人。

27の下にあるのがこちら:

28 ダニエルの見た第一の幻:四頭の獣

向かって左側で同じ高さにあるのが、こちら:

29 ダニエルの第二の幻:破壊を行う王

Portal の厚みの部分に施された彫刻の、向かって左側の下部分:

30 動物モチーフ。

反対側の同じ位置が、こちら:

31 アブラハムと貧しい人、金持ちとラザロ。

金持ちとラザロについては、トゥールーズのページに書きました。よく取り上げられる題材のようです。

次回、Portal 中央のアーチ部分を見ます。

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です