サン・ジェニ・デ・フォンテーヌ(Saint-Génis-des-Fontaines)<2>

サン・ジェニ・デ・フォンテーヌ修道院、続きです。13世紀に造られた後期ロマネスク様式の回廊(cloister)を見ます。

cloister という言葉は「閉鎖された場所」を意味するラテン語の claustrum に由来していて、世俗との関わりを絶つ修道士の生活を反映しています。

“サン・ジェニ・デ・フォンテーヌ(Saint-Génis-des-Fontaines)<2>” の続きを読む

サン・ジェニ・デ・フォンテーヌ(Saint-Génis-des-Fontaines)<1>

旅行六日目。五番目に向かったのはサン・ジェニ・デ・フォンテーヌ。フランス語で Saint-Génis-des-Fontaines、カタルーニャ語だと Sant Genís les Fonts と言うそうです。

目的地はサン・ジェニ・デ・フォンテーヌ修道院。

“サン・ジェニ・デ・フォンテーヌ(Saint-Génis-des-Fontaines)<1>” の続きを読む

ル・ブル(Le Boulou)

旅行六日目。三番目に向かったのはル・ブルという町です。フランス語で Le Boulou、カタルーニャ語だと El Voló と言うそうです。

レ・クリューズ(Les Cluses)で昼食を終えると午後1時でした。昼食後は午後2時に開くフノヤール(Fenollar)に行って見学するつもりでしたが、まだ1時ってことは、なんとか Le Boulou に行く時間がありそう!ということで、急いで会計を済ませて店を出たんです。

ああ、いつも急いでばかり。。。

“ル・ブル(Le Boulou)” の続きを読む