カシナ(Cascina)

2019年GWの旅行九日目、二番目の目的地はCascina。カルチ(Calci)から南に約10km、車で約17分の道のりです。

停めようと思った駐車場は屋台でいっぱい。離れた場所に車を停めました。

メルカート(市場)の日だったんです。

花屋、雑貨屋、下着屋に食料品屋、いろいろありました。

なんか屋台って楽しくて、つい、きょろきょろしてしまう。

浮ついた気持ちになりながらも、目指す教会へ。

目指す教会は、サンタ・マリア教会(Pieve di Santa Maria)です。

南壁とファサード
ファサード
ファサード

ロマネスク様式のファサード。アーチの配列や石の使い方も均整が取れています。

この教会の鐘楼はキエーザ広場(Piazza della Chiesa)の中の、教会の建物とはくっついてない場所にあります。

グーグルマップの衛星画像を編集しました。

鐘楼を見上げると、こんな格好をしています。

先っぽのとがってるやつとか、必要だったの?そうなの?

教会名と「12世紀」という表示の他には、案内板は見当たりませんでした。

扉が開いているのを見てホッとひと安心。

さっそく中に入ろうと、扉の掲示に目をやると、聖ミサの時間割がありました。

けっこう熱心な教会らしい。

中に入ってみると、後陣は、真っ白。

ファサードを背にして後陣を向く

一部の柱頭は再利用のように見えますが、それ以外、かなり新しいです。少し残念。

南側廊
北側廊

北側廊は隣の建物とつながっています。

上の写真の向かって左に、手すりと階段がチラッと写っていますが、階段の前に行って左を向くと豪華な空間があります。

絢爛豪華

移動して、後陣からファサード方向を見ます。

後陣を背にしてファサードを向く
後塵を背にしてファサードと北側廊を向く

北側廊に扉があります。

扉口の左に、なんか、ある。

角のある動物は、羊でしょうか。釣り目のツンツン具合が素敵です。

両側を羊っぽいのに挟まれた、これは、なんだろう?

アルパカのような。

いかん、もふもふ系を想像してうれしくなってしまう。

サンタ・マリア教会(Pieve di Santa Maria)、ファサードと内部に残された彫刻に吸い寄せられました。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。よろしければポチお願いします。


芸術・人文ランキング

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です